1. ホーム
  2. 医療ローン

AGA治療費用の相場はどれくらい?医療ローンは使える?

AGAの治療費用は高額なイメージがあるため、なかなか治療に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、AGA治療の内容や費用を徹底解説。AGA治療に関する疑問にわかりやすくお答えするとともに、治療費用を抑えるポイントもご紹介します。さらに、AGA治療に使えるローンについても詳しく説明します。「より効果的な治療を受けたいけれどまとまったお金が用意できない」という方は、ぜひ参考にしてください。

AGA治療は健康保険対象外

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略で、日本では男性型脱毛症と呼ばれます。20代以降で発症するのが一般的ですが、早い場合は10代後半からみられる場合もあり、多くの人が抱える悩みとなっています。

しかし、「AGAは直接命にかかわる病気ではない」とみなされているため健康保険の適用外で、治療を受けるには費用を全額自己負担する必要があります。

投薬治療の費用は月額1万〜3万円程度

AGAの主な治療には、内服薬や塗り薬が用いられます。処方を受けるには医師の診察が必要なため、毎月薬代のほかに診察料や検査料などがかかります。

また、AGA治療の目的が「維持・予防」と「発毛」では処方される薬が違うため、治療にかかる費用も次の表のように異なります。

AGA治療の目的 月額費用 内訳
維持・予防 3,000円~1万円程度 内服薬1種
発毛 1万~3万円程度 内服薬1~2種

塗り薬1種

それでは、治療費用の内訳についても見ていきましょう。

AGA治療費用の内訳【診察料・カウンセリング料】0~5,000円

AGA治療は自由診療のため、診察料やカウンセリング料はクリニックによって異なります。一般的な相場は、初診で0~5,000円、再診で1,000~3,000円程度です。

AGA専門のクリニックは初診料やカウンセリング料が無料のことが多いほか、オンライン診療なら再診料も無料の場合もあります。

AGA治療の費用内訳【検査料】0〜1万円

その人に合った治療をおこなうため、薄毛の進行レベルの確認や体質をマイクロスコープや血液検査などで確認します。この検査は初回診察時のほか、半年~1年ごとの治療経過確認のためにおこなわれる場合もあります。

費用は5,000~10,000円が一般的ですが、検査料無料のクリニックもあります。

AGA治療の費用内訳【薬代】1〜2万円

AGA治療費用のうちもっとも高額なのが薬代です。治療に用いられる薬は数種類あり、薄毛の進行レベルに合わせた塗り薬や飲み薬が処方されます。積極的な発毛を希望する場合は使用する薬も増えるため、予防目的に比べて費用が高くなります。

AGA治療の費用内訳【その他】数千円

クリニックによっては、より薬の効果を高めるためにシャンプーやサプリメントなどを勧められる場合があります。価格は商品により異なりますが、ドラッグストアなどで販売されているものに比べると高価なものが多いです。

より効果的に毛を増やしたいなら注入治療や自毛植毛も

AGA治療は飲み薬や塗り薬を用いるのが一般的ですが、結果が出るまでに時間がかかります。より効果的に毛を増やしたい方には、注入治療や自毛植毛という治療法もあります。

注入治療の費用は1回5万~12万円程度

「注入治療」とは、頭皮や毛根を再生させる効果のある薬液を注射などで直接頭皮に注入し、薄毛の改善を図る施術です。注入療法には「メソセラピー」や「HARG療法」があり、それぞれ注入方法や薬液が異なります。

いずれも状態に合わせて複数回の治療が必要で、治療費用や治療頻度の目安は次の表の通りです。

  1回あたりの治療費用 治療頻度 1クールの回数 1クールの費用
メソセラピー 4〜6万円 2~4週間に1回 6~16回円 24~96万円
HARG療法 10〜15万円 3~4週間に1回 6~9回 60~135万円円

さらに効果を持続するためには、クールを追加する必要があります。なお、注入療法は投薬治療と並行しておこなわれるため、上記の費用に加えて薬代もかかります。

自毛植毛の費用は100万円を超えることも

「自毛植毛」とは、自分の後頭部などに生えている髪を薄毛が進行した部位に移植する治療法です。植毛部位の髪は抜けても再び生えてくるため、定着すれば定期的なメンテナンスは不要です。

ただし、植毛を受けるには移植可能な量の髪があることが前提です。また、治療費は高額なうえ、植毛した周辺部位が薄毛になる可能性があるのもデメリットです。

AGA治療費用は医療費控除の対象になる?

「医療費控除」とは、1年間に支払った医療費の金額が一定額を超えるとき、確定申告することで所得税が安くなるという制度です。

自由診療であっても歯科のインプラントや眼科のレーシック手術のように医療費控除の対象となる治療もあります。しかし、残念ながらAGA治療は病気の治療ではなく美容目的にあたるため、医療費控除の対象外です。

AGA治療は一生続けないといけない?

AGAの治療は一生続けないといけないわけではありません。しかし、進行性の脱毛症のため、治療を止めると再び薄毛になる可能性が高いです。このため、効果を持続させるにはできるだけ長期間継続することが大切です。

ただし、一定の効果が出た段階で医師と相談し、薬の種類や量の変更で月々の治療費用を減らすことは可能です。また、年齢を重ねるうちに同年代に薄毛の人が増え、自然と自分の薄毛が気にならなくなり治療を中止するという方もいます。

AGA治療費用を抑えるポイントは?

AGAの治療を長く続けるためには、できるだけ費用を抑えることが大切です。費用を抑えるポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

AGA治療費用を抑えるポイント①早めの治療

一般的にAGAの治療は早ければ早いほど有効性が高まるうえ、進行してから治療を開始すると必要な薬の量が多くなります。このため、早めの段階で治療を始めたほうがトータルの費用は安くなります。

AGA治療費用を抑えるポイント②ジェネリック医薬品を利用する

「ジェネリック医薬品」は新薬を基に開発される後発薬で、新薬と比べて70〜90%程度の価格で購入できます。すべての薬にジェネリックがあるわけではありませんが、優先的にジェネリックを出してもらえるよう医師に相談してみましょう。

安いと安全性や効果が心配になりますが、ジェネリックも国の認可を得るために厳しい審査を通過しており、新薬との違いはありません。

AGA治療費用を抑えるポイント③オンライン診療を利用する

AGA治療は自由診療のため、カウンセリングや診察費用はクリニックにより異なります。治療薬を処方してもらうには毎月の診察が必要なので、診察費用の安いクリニックを選んで治療費用を抑えましょう。

費用を効果的に抑えるなら、オンライン診察がおすすめです。カウンセリングや診察費用が無料のクリニックが多いのに加え、通院のため交通費が不要です。さらに24時間診療や夜間診療を実施しているクリニックもあるため、通院のために仕事を休んだり早退する必要もありません。

AGA治療費用を抑えるポイント④生活習慣を見直す

AGA治療は薬に頼るだけでなく、医師の指示に従い生活習慣を改善することも大切です。飲酒・喫煙を控える、十分睡眠をとるなどの努力によって治療の効果が高まれば、治療費用低減にもつながります。

AGA治療の支払方法は?クレジットカードは使える?

AGA治療をおこなうクリニックでは、現金のほかにクレジットカードに対応していることも多いです。注入療法や自己植毛などの高額な治療も、クレジットカードの分割払いを利用すれば月々の支払額を抑えることが可能です。

また、クリニックによっては提携信販会社の医療ローン(信販系ローン)が使える場合もあります。

AGA治療に使える医療ローン(メディカルローン)は銀行にもある

クリニックが提携する信販系医療ローンだけでなく、銀行にもAGA治療に使える医療ローンがあります。2種類のローンの特徴を見てみましょう。

  銀行系医療ローン 信販系医療ローン
金利 3~9%程度 4~14%程度
審査 やや厳しい 通りやすい
審査にかかる期間 数日~2週間程度 数日程度

銀行系医療ローンは金利の低さが魅力

銀行系医療ローンの金利は信販系に比べてやや低いため、返済総額を抑えたい方におすすめです。金利は銀行ごとに異なり、住宅ローンや給与口座などの利用で優遇金利が適用されることもあります。

ただし、医療ローンはすべての銀行で取り扱っているわけではありません。このため、用途を限定しない「フリーローン」も検討することで、より希望条件に合ったローンが見つかる場合もあります。

信販系医療ローンは手続きしやすさが魅力

信販系医療ローンはクリニックで申し込めるため、手続きに手間がかかりません、。また、審査も比較的通りやすく審査にかかる期間も短いので、銀行系医療ローンに比べて手軽に利用しやすいです。

しかし、一般的に金利は高めです。治療費用を少しでも抑えたい方は、銀行系医療ローンと返済総額を比較して、お得な方を選びましょう。

AGA治療費用に使えるローンをクラウドローンで探してみよう

AGAは進行するため、お金を貯めてから治療を受けたのでは思うように結果が得られない場合もあります。このため、「注入療法や自己植毛などの高額な治療を受けたいけれど、手持ちのお金では足りない」という方は、ローンを使うのもひとつの手です。

少しでも低金利のローンを選ぶには、複数の銀行を比較する必要がありますが、1つ1つチェックするのは時間も手間もかかります。そこで、「クラウドローン」を利用して銀行ローンを効率的に探してみませんか?

クラウドローンはお金を借りたい人と融資可能な銀行をオンラインで結ぶ「融資マッチングサービス」。基本情報や希望の借り入れ条件を一度登録するだけで、複数の銀行から条件に合ったプランの提案を受け取れます。

登録はホームページの簡単な質問に答えるだけで、3分程度で完了。しかも、名前や住所の入力は不要なので、まずは気軽に登録して、希望の条件で借入可能か確認してみませんか?

クラウドローン

AGAの治療費用にローンを賢く使おう

AGA治療は自由診療のため、治療にかかる費用はクリニックにより異なります。診察費の安いクリニックを選び、なるべく費用を抑えましょう。また、AGAは進行性の脱毛症のため、治療を中止すると再び薄毛になる可能性が高くなります。注入治療などにローンの利用をお考えの方は、返済と治療を両立できるようしっかり返済計画を立てることも大切です。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2022年12月01日
医療ローン
インプラントの費用はどれくらい?1本あたりの相場や医療費控除について解説
歯を失ったとき、入れ歯やブリッジと並び選択肢となるのがインプラント。高額なイメージがありますが実際にはいくらくらいかかるのでしょうか。この記事では前歯・奥歯1本あたりの費用や、全部の歯をインプラントにしたときにかかる費用相場についても解説。費用の支払方法や保険適用になるか、医療費控除についても説明し...
2022年11月29日
医療ローン
子どもの歯科矯正の費用の相場は?治療の時期や支払方法、医療費控除についても解説
子どもの歯が生え変わってくると歯並びにバラつきが出てくるので、歯科矯正を始めたほうがいいのか悩む親御さんも多いことでしょう。歯科矯正をするうえで気になるのは、はじめるタイミングと費用です。子どもの歯科矯正は生え変わりの状況によって治療方法が変わるので、それに伴い費用の目安も変わります。子どもの歯科矯...
2022年11月28日
医療ローン
歯科矯正の費用はどうやって払う?デンタルローンとクレジットカードを比較
大人になってから歯列矯正をしたいと思い立っても、その治療費の高さに断念してしまったという方も多いはず。そこで今回は、歯科矯正の費用の実態とともに、高額な治療費に利用できる支払い方法をくわしく解説。デンタルローンとクレジットカード払いでは、どちらがお得に支払えるのかをシミュレーションしていきます。まだ...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる