1. ホーム
  2. ニュース・その他

猫を飼う費用はどのくらい?かかる費用を月・年・一生涯別に解説

一言コメント村田大輔 - 貸金業取扱主任者/クラウドローン株式会社代表

<div class="flex-1 overflow-hidden"> <div class="react-scroll-to-bottom--css-ynqbi-79elbk h-full"> <div class="react-scroll-to-bottom--css-ynqbi-1n7m0yu"> <div class="flex flex-col text-sm pb-9"> <div class="w-full text-token-text-primary" dir="auto" data-testid="conversation-turn-247"> <div class="px-4 py-2 justify-center text-base md:gap-6 m-auto"> <div class="flex flex-1 text-base mx-auto gap-3 juice:gap-4 juice:md:gap-6 md:px-5 lg:px-1 xl:px-5 md:max-w-3xl lg:max-w-[40rem] xl:max-w-[48rem]"> <div class="relative flex w-full min-w-0 flex-col agent-turn"> <div class="flex-col gap-1 md:gap-3"> <div class="flex flex-grow flex-col max-w-full"> <div class="min-h-[20px] text-message flex flex-col items-start gap-3 whitespace-pre-wrap break-words [.text-message+&]:mt-5 overflow-x-auto" dir="auto" data-message-author-role="assistant" data-message-id="2c8b17c9-160d-4b0a-93fe-258388b1e978"> <div class="markdown prose w-full break-words dark:prose-invert light"> 猫を飼う際の費用は、初期費用から日々の飼育費、医療費まで考慮する必要がありますが、特に一度にかかる高額な支出にはローンが役立つことがあります。この記事では、猫の飼育に必要な費用を詳細に解説し、予期せぬ医療費や初期費用の負担を軽減するためのペットローンの活用方法も紹介しています。ペットローンを利用すれば、突然の出費にも柔軟に対応可能で、猫との生活をより安心して楽しむことができます。猫を迎える前に、資金計画を立てる参考としてぜひご覧ください。 </div> </div> </div> <div class="mt-1 flex gap-3 empty:hidden"> <div class="text-gray-400 flex self-end lg:self-center items-center justify-center lg:justify-start mt-0 -ml-1 h-7 gap-[2px] visible"> <div class="flex"></div> </div> </div> <div class="pr-2 lg:pr-0"></div> </div> </div> </div> </div> </div> </div> </div> </div> </div> <div class="w-full pt-2 md:pt-0 dark:border-white/20 md:border-transparent md:dark:border-transparent md:w-[calc(100%-.5rem)]"><form class="stretch mx-2 flex flex-row gap-3 last:mb-2 md:mx-4 md:last:mb-6 lg:mx-auto lg:max-w-2xl xl:max-w-3xl"> <div class="relative flex h-full max-w-full flex-1 flex-col"> <div class="absolute bottom-full left-0 right-0"></div> <div class="flex w-full items-center"></div> </div> </form></div>

「一度は猫を飼いたい」と思う方もいらっしゃるでしょうか。この記事では、猫を飼うために必要な費用を1ヶ月、年、一生涯別に解説していきます。そのほか、医療費や不妊治療費、お留守番にかかる費用などもご説明していきます。「初めて猫を飼う予定だけど、なにを準備したらいいの?」とお悩みの方にも読んでいただきたい記事です。

猫を飼うために必要な費用は?

猫を飼う前に準備する初期費用/4~11万円

猫にかかる初期費用の内訳は、以下の表の通りです。それぞれの状況によっても異なりますが、最低でも4~11万円ほどかかるでしょう。費用に余裕がある方は、1~3万円ほどのキャットタワーもおすすめ。首輪などは、飼い猫の様子を見てから購入するのも良いでしょう。

初期費用の内訳費用相場備考
猫の購入費用無料~50万円ほど平均12.5万円ほど ※1
マイクロチップ3,000~5,000円ほど市区町村により補助金制度あり
健康診断5,000円~10,000円ほど
混合ワクチン3,000円~7,500円ほど3種混合、5種混合などあり
猫用トイレ本体1,500円~4,500円ほど
シーツ、トイレ砂など1,000円~2,000円ほど
フード代1.8kg、500円~3,000円療養食は費用が高め
フード皿100~2,000円ほど
飲み水の皿・水飲み器100~5,000円ほど
爪切り、爪とぎ、ブラシ1,000円~2,000円ほど
おもちゃ100円~
キャリーバック3,000円~6,000円ほど
ケージ10,000円~30,000円ほど
猫用ベッド・毛布500円~3,000円ほど
※1 一般社団法人ペットフード協会「令和5年(2023年)全国犬猫飼育実態調査」より

猫の購入費用においては、知人から子猫を無料で譲り受ける場合や、評判の良いブリーダーから高額な子猫を購入する場合などがあるため、大きな差が出ます。
また、保護猫を譲り受ける場合、正式譲渡の前にトライアル(一定の期間の飼育)を設けている団体もあるため、上記のグッズを事前に準備しておく必要があります。

猫を飼うのにかかる1ヶ月の費用は?

猫を飼うための1ヶ月分の費用の内訳は、以下の表の通りです。
それぞれの状況によって、異なりますが、月10,000円~16,000円ほど(光熱費を除くと月9,000円~15,000円)かかるでしょう。

月額費用の内訳費用相場備考
フード代(おやつ含)5,000~10,000円ほど療法食は費用が高め
トイレ消耗品
(シーツ、トイレ砂など)
1,000~3,000円ほど交換頻度による
夏場は交換頻度多め
つめとぎ、おもちゃ、ブラシなど500円~
光熱費1,200円~冬場はホットカーペットを使用する場合もあり
消臭剤300円~夏場は消臭が特に大切
ペット保険料2,000円~4,000円ほど契約内容による

フードは、カリカリタイプ、ウェットタイプ、おやつなどがあり、ウェットタイプのほうが費用は高めの傾向に。飼い主のなかには、健康趣向の猫用のサプリメントを与える方もいます。

そのほか、壁や柱に猫がじゃれてボロボロになった場合の補修費用や、脱走防止グッズなどの費用がかかる場合があります。

猫を飼うのにかかる1年間の費用は?

猫を飼うには、年間10~19万円ほどかかると言われています。一般社団法人ペットフード協会「令和5年(2023年)全国犬猫飼育実態調査」によると「年間10万円ほど」かかり、アニコム損害保険株式会社の「2023最新版 ペットにかける年間支出調査」によると、損保に加入している猫に限りますが「年間17万円ほど」かかるとのことです。
なお、費用は、猫種や年齢、与えているフードの種類、持病や通院回数、トイレの清掃回数、お留守番の回数によって変動します。

猫の一生涯にかかる費用と平均寿命は?

【猫全体】猫全体のうち
外に出る
猫全体のうち
外に出ない
平均寿命15.79歳14.18歳16.25歳
生涯必要経費1,498,728円1,249,906円1,534,047円
※猫の年齢ごとに算出した平均支出金額を平均寿命まで足しあげることにより算出。
一般社団法人ペットフード協会「令和5年 全国犬猫飼育実績調査」より

一般社団法人ペットフード協会が発表した「令和5年 全国犬猫飼育実績調査」によると、猫全体の一生涯に必要な費用は「150万円ほど」平均寿命は「15.79歳」になります。
また、アニコム損害保険株式会社の「アニコム家庭どうぶつ白書2023」によると、損保に加入している猫の平均寿命は「14.7歳」になるため、猫の平均寿命は「およそ15歳」になるでしょうか。なお、純血統や飼い主がいない外猫の場合、不意に短命な場合もあるのをご理解ください。

猫の医療費用はどのくらいかかる?

猫の医療費用の内訳

猫の医療費用の内訳は、以下の表の通りです。病院の方針や立地により、金額も変わります。クリニックのなかには、クレジットカードや電子決済が可能なところも増えています。

医療費用の内訳費用相場備考
医療・治療費5,000円~20,000円/回健康状態や年齢による
ワクチン代3,000円~8,000円/回3種混合、5種混合などあり
ノミダニ予防薬1,000円ほど/回
年1~2万円ほど
回数による
フィラリア予防1,000円ほど/回
年1~2万円ほど
回数による

動物病院は、基本的に自由診療(自費)のため、費用に余裕を持たせておくと良いでしょう。一度の受診費用が、1万円以上かかってしまう場合もあります。
初診・再診費用はそれぞれ1,000~3,000円ほど、検査費用は、検査項目にもよりますが、2,000円~10,000円ほど、入院費用は、3,000円~5,000円ほどかかります。
3種・5種ワクチンは、生後2~4ヶ月で2回ほど接種を行い、成猫以降は年1回の追加接種が推奨されています。ノミダニ予防薬は、4~11月に毎月行うことが推奨されています。フィラリア予防については、主治医の指示に従ってください。
一般社団法人ペットフード協会「令和5年(2023年)全国犬猫飼育実態調査」によると、動物病院への受診回数の平均値は、年1~5回ほどとのことです。

猫の不妊手術の費用は?

飼い猫の繁殖や病気予防のために、6~8ヶ月~2歳くらいまでに不妊手術をするのが一般的です。
メス猫の手術費用は、10,000円~40,000円ほどかかり、腹腔鏡の場合はプラス20,000円ほどかかります。オス猫の去勢手術の費用は、5,000円~25,000円ほどかかります。
不妊・去勢手術費用の補助金制度を設けている市区町村もありますが、飼い主がいない猫の場合が大半です。

診察内容と受診費用

猫の診察内容は、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、投薬、点滴などが挙げられます。大きな手術や内視鏡手術、時間外受診ができるクリニックもありますが、大きな手術は10万~30万円ほどかかり、時間外受診は、プラス2,000円~5,000円ほど加算されることがあります。
猫の末期においては、毎日点滴に通ったり入院する可能性もあるため、「治療を優先するか」、「家で自然に看取るのか」を家族と決めると良いでしょう。

猫のお留守番やトリミング費用について

猫を飼うには、猫のお留守番の費用が必要になったり、トリミングが必要になる場合もあります。それでは次に、それぞれについてご説明していきます。

猫のお留守番の費用はどのくらい?

飼い主が長期の旅行や帰省をする場合、ペットホテルやキャットシッターにお願いすると良いでしょう。ペットホテルの費用相場は、3,000~6,000円ほどかかり、キャットシッターの費用相場は1,500~4,000円ほどかかります。キャットシッターの走行距離によって、ガソリン代や交通費が加算されたり、初回登録料に2,000円ほど支払う場合があります。

また、猫を預けるために、1年以内の混合ワクチンの接種や1ヶ月以内のノミ・ダニ予防を求められる場合や、クリニック内のホテルの場合は、患者さんのみに限定されることもあります。ゴールデンウィークや年末年始は混雑するため、早めの予約がおすすめです。

少しのお留守番の場合は、猫を見守る遠隔カメラや、自動えさやり機を購入するのも良いでしょう。

猫のトリミングや爪切りの費用はどのくらい?

猫のトリミング費用は、年間3,000~10,000円ほどかかり、クリニックでの爪切りは、500円~2,000円ほどかかるでしょう。

普段から毛玉ができないように、猫のブラッシングをまめに行うようにしてください。特に、長毛種の猫はお気をつけください。くわえて、猫の爪とぎグッズは、常時設置するようにしてください。

猫を飼う費用の負担を軽減する方法

猫の費用は、猫種や年齢、性別、血統書の有無によって変動しますが、少しでも飼い主の費用負担を軽くしたいもの。

それでは次に、猫を飼う費用の負担を軽減する方法をご紹介します。

保護猫の里親になり初期費用を抑える

保護猫団体や保護猫カフェの猫知人から子猫を譲り受けることにより、初期費用を抑えることができるでしょう。不妊手術済みの猫であれば、費用をより抑えることができます。
なお、保護猫団体によっては、無料ではなく5~7万円ほどの必要経費の支払いを求められる場合があるため、事前にご確認ください。

ペット保険に加入する

ペット保険に加入すれば、ペットのケガや病気による通院や入院、手術などの費用を補償することができるでしょう。窓口精算対応の動物病院にて、自己負担分のおよそ3~5割の治療費の支払いで済むことがあります。昨今、シニア猫向けの商品も出てきていますので、Webサイトをチェックしてみてください。

ペットショップの提携ローンをチェックする

ペットショップの猫の販売価格は高額なことが大半であり、一括購入が難しい場合があります。店舗によっては、ペットショップが提携している信販会社のローンやクレジットカード分割払いを勧められることがあります。申し込みも比較的スムーズに行えますが、「金利や手数料が高め」、「返済期間が短い」ことが多いため、ご留意ください。

銀行のペットローンをチェックする

猫を飼うための費用に、銀行のフリーローン(ペットローン)が使える場合があります。「審査は厳しめ」ですが、「金利は低めの傾向」に。なかでも、池田泉州銀行のペットローンやスルガ銀行のどうぶつ医療ローンがおすすめです。

池田泉州銀行のペットローンをご紹介

池田泉州銀行のペットローン(多目的ローン)は、ペットの購入費用、トリミング、健康維持まで利用できます。変動金利で10万円から最高1,000万円まで借り入れできます。返済期間は6ヵ月から15年までであり、繰り上げ返済も可能です。担保や保証人は不要であり、ご契約も原則来店不要です。

スルガ銀行のどうぶつ医療ローンをご紹介

スルガ銀行のどうぶつ医療ローン(目的別ローン<カード型>)は、ペットの医療費に利用できます(購入費用には使えません)。年利4.0~10%の固定金利であり、10万円から最高800万円まで借り入れ可能。返済回数は6回~120回以内であり、繰り上げ返済は無料です。ご契約はWeb完結が可能です。

ペットローンを探すならクラウドローンがおすすめ

猫を飼う費用に使えるローンを探すなら、クラウドローンがおすすめ。クラウドローンは、一度の申し込みで、いくつかの金融機関から提案を受けることができます。それぞれの提案を比較検討して選ぶことができるのも魅力的。

万が一、気に入った猫の費用が予想外に高額な場合でも、不足分の費用をカバーすることができるでしょう。無料診断もわずか3分で完了。必要事項を入力するだけですので、ちょっとしたすき間時間に申し込むことができます。来店する必要もないため、飼いたい猫をお探しの方でも、お気軽にご利用いただけます。

猫を飼う前に費用を把握しておこう

まずは、猫にかかる費用を事前に把握してから、飼いたい猫の猫種と予算を決めると良いでしょう。また、気に入った猫が見つかったら、抱っこしたりトライアルを申し込んで、相性をチェックするようにしてください。命ある猫を飼うためには、ある程度まとまった費用が必要になり、時には医療費がかかってしまうこともあります。そのような時、クラウドローンを活用すれば、大切な飼い猫を安心してお世話することができるでしょう。夢の猫ライフをクラウドローンがお手伝いします。ぜひ、ご検討ください。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年05月24日
ニュース・その他
軽井沢での結婚式にかかる費用はどのくらい?費用を抑えるポイントも紹介
日本を代表するリゾート地「軽井沢」。都心からも近く、美しい自然と開放的な雰囲気をもつ軽井沢は、リゾートウエディングエリアとしても人気です。しかし、リゾート地のウエディングは費用も高額なのでは…と心配になるかたも多いのではないでしょうか。この記事では軽井沢での結婚式にかかる費用と、費用を抑えるポイント...
2024年05月21日
ニュース・その他
ディズニーでの結婚式費用を徹底解説!費用を抑えるポイントは?
ディズニーファンにとって、ディズニーでの結婚式はディズニーキャラクターが祝福しに来てくれたり、プリンセスの世界に入れるなど、憧れの結婚式です。夢のような結婚式ですが、気になるのは費用。ディズニーでの結婚式の費用について詳しく解説をします。費用を抑えるポイントもご紹介しますので、ディズニーで結婚式を考...
2024年05月01日
ニュース・その他
新婚旅行にかかる費用はどのくらい?新婚旅行に人気の行き先と費用相場、かかる費用を賢く抑えるコツも紹介
新婚旅行は、夫婦にとって初めての特別な旅行です。だからこそ、2人の夢のプランをできる限り実現したいと思うでしょう。しかし、費用の問題が気になることも事実です。今回は、新婚旅行に人気の行き先とそれぞれの費用相場、そして、費用を賢く抑えるコツについて解説します。さらに、新婚旅行費用の準備方法も紹介します...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる