1. ホーム
  2. 空き家・リフォーム

リフォームローンを借りるならメガバンク?ネット銀行?地方銀行?選び方のポイントを解説

一言コメント村田大輔 - 貸金業取扱主任者/クラウドローン株式会社代表

リフォームローンの選択肢は多岐にわたり、メガバンクや地方銀行、ネット銀行、信販会社など様々な金融機関が取り扱っています。特に、メガバンクは安定感や低金利が魅力で、審査も迅速です。一方で、ネット銀行は手軽で低金利、信販会社は迅速な審査が特徴です。地方銀行や信用金庫は地域密着型で柔軟性が高く、審査も通りやすいです。また、リフォームローンを選ぶ際には金利や返済期間、担保の有無などを考慮し、自身のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。リフォームローンは生活の質を向上させるための重要なツールであり、賢く活用することで理想の住まいを実現しましょう。

リフォームローンを検討したとき、メガバンクだけでなくさまざまな銀行が取り扱うリフォームローンの数と種類の多さに驚くはずです。そこで、今回は、リフォームローンを取り扱う銀行とそれぞれの特徴、さらに銀行以外のリフォームローンについても詳しく解説。そして、気になるリフォームローンの選び方のポイントを説明していきます。リフォーローンを賢く利用したいと思っている方、必見です。

リフォームローンは住宅の修繕や改築に使えるローン

リフォームローンとは、マイホームの増改築や内装工事、耐震性向上工事はもちろん、水回りや外壁などの修理の費用に使えるリフォーム専用の目的別ローンのことをいいます。銀行の他にも、信販会社やクレジット会社などさまざまな金融機関で取り扱われています。最大借入額は1,000万円程度、最大借入期間は15年程度に設定されているのが一般的。また、リフォームローンは住宅ローンに比べて審査が通りやすい点も注目すべき特徴です。

<無担保型と有担保型がある>

リフォームローンには物的担保を設定しない「無担保型」と、土地やリフォームする建物を物的担保として設定する「有担保型」に分けられます。それぞれは銀行など金融機関にとっての貸付リスクが異なるため、審査の通りやすさや金利などの利用条件も変わります。

リフォームローンを借りるならどこがいい?

リフォームローンでまず迷うのが、金融機関選びです。自分に合ったリフォームローンを見つけるためには、メガバンクや地方銀行、ネット銀行の金利や審査の通りやすさ、申込方法などそれぞれの特徴を理解することが大切です。

安心のメガバンク

日本の主要都市に支店を展開している「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」のようなメガバンクが取り扱うリフォームローンの特徴は、やはり安心です。

メガバンクは資金力に余裕があることで倒産リスクが少ないことはもちろん、比較的低金利なプランを取り扱っているのが特長です。また、審査スピードが信販系ローンに比べて早い点や商品に付帯するサービスや保障が充実していることが多い点など、さまざまなメリットを感じることができます。

低金利のネット銀行

「住信SBIネット銀行」や「楽天銀行」「イオン銀行」のように、原則自社で店舗やATMを持たないネット銀行の多くでもリフォームローンを取り扱っています。全ての手続きをネットで完結できる利便性の良さと、徹底したコスト削減が実現する金利の低さがネット銀行の最大の特徴です。

その反面、審査が比較的通りにくいところや、店舗窓口がなく電話相談窓口もあまり多くないところがデメリットになることも。直接、審査や申込方法について相談したい人や柔軟性を求める人には不向きであることは確かです。

審査の通りやすさなら地方銀行や信用金庫

ある一定地域を営業地盤とする地方銀行や、地域社会の利益を目的とする信用金庫のリフォームローンは、メガバンクやネット銀行に比べて金利が高めです。そのかわり、直接窓口で担当者に相談でき、審査が有利に進むような努力や提案が行われるなど、地域密着型だからこそできる柔軟性の高さが大きな強みです。

個人事業主のようにメガバンクやネット銀行の審査に通ることが難しいことの多い方でも、地方銀行や信用金庫ではリフォームローンが借りられたというケースも多くあります。

銀行以外のリフォームローンも検討してみよう

リフォーム費用をローンを利用して支払うためには、銀行のリフォームローン以外にも、次のようなリフォーム融資やリフォーム会社に提携する信販会社のリフォームローンを検討することもできます。

耐震補強なら住宅金融支援機構のリフォーム融資

耐震を目的としたリフォームをお考えの方には、住宅金融支援機構が提供する「リフォーム融資(耐震改修工事)」がおすすめです。「リフォーム融資(耐震改修工事)」は、耐震改修工事を伴ったリフォームの費用に利用でき、最大借入額は1,500万円、最長返済期間は20年と設定されています。そして、金利タイプは全期間固定金利型。令和5年1月現在は、0.96~3.42%と圧倒的に低い金利で利用できるところが最大の特徴です。

<耐震補強を行うことが必須条件>

「リフォーム融資(耐震改修工事)」を利用するには、住宅金融支援機構が定める技術基準に該当する耐震補強改修工事を行う必要があります。ただし、その耐震補強工事に併せて行う他のリフォーム工事の費用も融資の対象になるため、お得に利用できる可能性が高まります。

財形貯蓄しているなら財形住宅融資

勤務先が給料から一定の額を天引きして、自動的に貯金する「財形貯蓄」をしている方は、リフォーム資金に住宅金融支援機構の「財形住宅融資(リフォーム)」という融資制度を利用することもできます。ただし、財形貯蓄を1年以上続け、申込日における貯蓄残高が50万円以上あるなどの要件を満たすことが必須となっています。最大借入額は1,500万円、最長返済期間は20年もしくは80歳までのどちらか短い年数の間で設定されます。

<金利タイプは5年固定金利制>

金利タイプは、返済の開始から終了までの全期間、5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利制を採用。令和5年1月現在では、1.17〜1.61%と低金利でお得に利用できます。金利は「団信」の加入や種類によって変わります。

手軽さで選ぶならリフォーム会社の提携ローン

施工をお願いするリフォーム業者に提携する信販会社のリフォームローンがあれば、賢く利用することもできます。信販会社のリフォームローンは、リフォーム業者を通して申込みができるから、手続きの手間が省けてラク。さらに、銀行のリフォームローンに比べて審査に通りやすく、借り入れまでの期間も短いため、急な修理が必要になったときにも便利です。

<信販系は金利が高め>

ただし、信販会社のリフォームローンは審査が通りやすい分、金利は銀行系よりもやや高めに設定されています。さらに、どの信販会社を利用できるかは、どのリフォーム業者に申し込むかによって決まります。また、金利があらかじめ提示されていることが少なく、商品の比較がしにくい点はデメリットと言えるでしょう。

住宅ローン返済中なら借り換えも検討

現在、住宅ローンを返済中の方は、住宅ローンの借り換え制度を利用することも検討してみましょう。現在返済中の金融機関よりも金利の低いところに借り換えることができれば、住宅ローンの総返済額を減らすことが可能です。そして、その金利差でリフォーム費用をまかなえるかもしれません。

<住宅ローンの借換えにリフォームローンを追加する>

また、住宅ローンを借り換えする際、現在のローン残高にリフォーム資金を上乗せして申請することも金融機関によっては可能です。住宅ローンの金利は、リフォームローンに比べて低めに設定されているので、リフォームローンを別で契約するよりもお得な金利で借り入れられる可能性が高まります。

リフォームローン選びのポイント

金融機関で取り扱われているリフォームローンは数多くあるので、どのポイントを重視して選べばよいか悩んでしまうこともあります。ここからは、銀行系リフォームローンの選び方のポイントを見ていきましょう。

数百万円程度までのリフォームなら無担保型を選ぼう

リフォームローンには、リフォームする建物や土地を担保にして借り入れる「有担保型」と担保がいらない「無担保型」の2種類に分けられます。一般的な「無担保型」のリフォームローンの金利相場は2~4%。最大借入金額は1,000万円です。一方「有担保型」の金利相場は0.5~1%。最大借入額は1億万円程度と設定されています。

<1,000万円程度までの借入なら無担保型がおすすめ>

「有担保型」なら金利を低く抑えることが可能ですが、利息の他に手数料がかかり、返済が滞ったときには担保を差し押さえられてしまうリスクがあります。よって、1,000万円程度までの資金を借り入れる場合は、金利が多少高くとも手数料がほとんどかからない「無担保型」のリフォームローンを選んだ方が、トータルの返済額を抑えられます。

リフォームローンは金利3%以下を目安に選ぼう

リフォームローンの主流は、金利相場が2~4%程度の「無担保型」です。リフォームローンの金利で悩んだときは、適用金利を比較して3%以下を目安に選びましょう。適用金利とは、店頭金利から割引分を引いた実際に適用される金利のことをいいます。主な割引条件には「給与振込口座の指定」や「WEB申し込み」などがあります。

<返済期間が短いなら金利タイプは気にしなくて大丈夫>

金利については「固定型」「変動型」のどちらの金利タイプを選ぶべきなのか迷ってしまうこともあります。借入金額が少額かつ返済期間も10年程度と想定している場合には、金利タイプはあまり気にせず、より低金利な商品を選ぶことをおすすめします。

もしものときに備えるなら「団体信用生命保険」付きを選ぼう

通常であれば、リフォームローン返済中に借入人が死亡するなど返済ができない状態になった場合、返済負担は残された家族に引き継がれてしまいます。しかし「団体信用生命保険」付きのリフォームローンであれば、返済中に借入人にもしものことが起こったとしても、保険会社が代わりに借入残高を完済してくれるので、遺された家族に負担が残りません。

<金利を上乗せして団信をつけることもできる>

リフォームローンでは、金利に「団信」の保険料が含まれている商品と含まれていない商品があるため、金利で商品を比較するときには注意が必要です。銀行によっては、金利に上乗せすることで「団信」を付けられる商品もあるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

銀行に行く時間が取れないならWEB契約可能な銀行を選ぼう

銀行は平日の昼間しか営業していません。急ぎの修理や改築の場合、平日に時間を取るのが難しい方は、来店必須であると契約がスムーズに進められず、もどかしい思いをしてしまうでしょう。そんなときは、実店舗を持たないネット銀行のWEB完結型のリフォームローンを選ぶのが得策です。スマホやパソコンから簡単にいつでもどこからでも手続きが行えて便利。来店の手間が省けるうえ、スムーズに契約を進められます。

ネット銀行以外でもWEBで契約できるリフォームローンは多い

WEBで完結できる契約は、ネット銀行以外にメガバンクや地方銀行でも多く取り扱われています。銀行によっては、WEBからの申し込みすることで優遇金利が適用され、店頭金利よりもお得に利用できることも。さまざまな商品を比較しながら検討するのが良いでしょう。

ただし、「WEB申し込み」「申し込みのWEB完結」というケースでは、申し込みはWEBで完結できても、実際の契約には来店が必須となってしまうこともあります。WEB上の手続きはどこまでできるかを、あらかじめ確認してから申込みましょう。

WEB完結のリフォームローンはクラウドローンで探そう

ネット銀行やメガバンクにこだわらず、WEB完結のリフォームローンを効率的に探したいという方におすすめなのが、クラウドローン

クラウドローンは、お金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐ日本初の金融プラットフォームです。希望の借入条件を登録して、お得な提案が届くのを待つだけでOK。融資可能な金融機関のみを一覧化し比較することができるうえ、金融機関から直接プランの提案を受けることもできます。

<クラウドローンは来店不要>

すべての手続きはオンラインで完結。銀行の窓口に行くことが難しい方にぴったりです。申込から融資までもスピーディだから、急ぎの修理や改装にも対応できます。

まずは最短3分でできる無料診断でチェック。

リフォームローンはネット銀行や地方銀行など幅広く探そう

メガバンクやネット銀行、地方銀行などが取り扱うリフォームローンには、それぞれに手続きのしやすさや柔軟性などさまざまな特徴があることがわかりました。自分のニーズやスタイルに合ったより低金利なリフォームローンを幅広く効率的に探して、自分に合った無理のない返済計画を立てることが大切です。賢くリフォームローンを活用して、心地のよい毎日を過ごしましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年05月27日
空き家・リフォーム
【2024年版】リフォームローンはお得?控除や減税もある?金利や審査の流れを解説します
所有している戸建てやマンションに対して大規模なリフォームをすると、その金額は高額になります。リフォーム費用を一括で支払うのが厳しいと感じたら、リフォームローンの借り入れを検討してみてはいかがでしょうか。リフォームローンには減税や補助金といった優遇措置もあります。無担保で組むこともできるので、リフォー...
2024年05月08日
空き家・リフォーム
古い窓枠のリフォーム費用の相場はどれくらい?交換方法や使える補助金も紹介
窓枠は、窓の周りの枠組み全体やレール部分のことをさします。窓枠が腐食や傷みを放置していると、どんどん劣化が進んでガタつき、窓の安定感がなくなってきます。この記事では、古い窓枠のリフォームの費用相場や交換方法、費用を抑えるポイント、補助金などについてご紹介していきます。「劣化した古い窓枠を早めに対処し...
2024年04月30日
空き家・リフォーム
カーポートの屋根の修理費用はどのくらい?ポリカーボネートの特徴や交換費用の節約術も合わせて紹介
カーポートは、紫外線や雨、汚れなどから、大切な車を守ってくれるエクステリアです。夏の暑い日には車内温度の上昇を防いだり、雨の日に濡れずに乗降できるなどのメリットもあります。しかし、カーポートは外構であるため、強風や積雪、落下物などによって破損してしまう危険性があります。また、日々紫外線や雨風に晒され...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる