1. ホーム
  2. 空き家・リフォーム

システムキッチンのリフォーム費用の相場はどれくらい?一戸建てとマンションの違いや交換の目安時期も解説

一言コメント村田大輔 - 貸金業取扱主任者/クラウドローン株式会社代表

システムキッチンの全面リフォームは、費用が100万円~と大きな投資が必要です。 この記事では、リフォーム費用の内訳とコストに影響を考慮する要素を解説し、費用効果的なリフォーム方法を紹介また、予算に合わせた資金計画が重要であり、リフォームローンの利用が有効です。 信販会社や銀行からのリフォームローンを比較検討することで、適切な適切と条件で資金を確保するこの記事が、キッチンリフォーム計画におけるガイドとなります。

システムキッチンに不具合が生じたり、汚れが目立ってきたら、コンロやシンクなどを部分的に入れ替えることも可能です。しかし、キッチンの雰囲気を一新したいときや、経年劣化が進んでいる場合は、システムキッチン一式の交換がおすすめです。この記事ではシステムキッチンリフォーム費用の相場や費用の内訳、費用を左右するポイントを紹介。システムキッチンの寿命や費用を抑える方法も解説します。

目次

システムキッチンのリフォーム費用相場は工事費込みで100~150万円

システムキッチン一式を入れ替える場合は、工事費込みで100~150万円程度が目安です。ただし、費用はキッチンの形状やサイズ、素材などにより大きく異なり、200~300万円程度かかるケースも少なくありません。

また、キッチンの形状変更や基礎の修復といった大がかりな工事が必要な場合は、別途工事費用が発生し、費用はさらに高額になります。

なお、システムキッチンは基本的にパーツが独立しているため、コンロやシンクなど部分的に入れ替えることも可能です。部分的なリフォームの費用は交換箇所や素材により異なりますが、10~50万円程度が目安です。

システムキッチンリフォームの費用の内訳

システムキッチンのリフォーム費用は、標準工事費込みのセット価格が設定されているケースが多いです。このセット価格にはどのような費用が含まれるのか見ていきましょう。

システムキッチンリフォームの費用の内訳①本体費用

システムキッチンリフォーム費用を最も大きく左右するのがシステムキッチン本体で、シンク・コンロ・収納・作業台など一式の価格が含まれます。

キッチンメーカーの多くが複数のグレードを用意しており、見た目や機能性、収納力などに応じて選べます。グレードごとの費用はスタンダードグレードは60万円から、ミドルグレードは70万円から、高級グレードは100万円からが目安です。

システムキッチンリフォームの費用の内訳②工事費用

システムキッチンリフォームの標準工事費用は20~30万円程度が目安で、一般的には既存のキッチンの撤去費用や処分費用、標準組み立て費用が含まれます。ただし、標準工事費用に含まれる項目はリフォーム会社によって異なるため、内訳まで確認することが大切です。

また、基礎工事や内装工事が必要な場合は、基本的に別途料金がかかります。工事の内容は元のキッチンの状態により異なるため、見積もりを取る際には必ず現地を調査してもらいましょう。

システムキッチンのリフォーム費用を左右するポイント

システムキッチン一式のリフォーム費用は、100~150万円が相場です。しかし、場合によっては70万円程度に抑えられたり、300万円を超えることもあります。このような費用の差が生じるポイントについて見ていきましょう。

リフォーム費用を左右するポイント①キッチンのサイズやレイアウト

システムキッチンは、キッチンの広さに合わせて複数のサイズが用意されています。一般的に、キッチンが広くなるほど天板なども大きくなるため、費用も高くなります。

また、キッチンのレイアウトによっても費用は変わります。一般的には、I型キッチンが最も費用が抑えられ、次にL型、ペニンシュラ型、そして最も高いのがアイランド型です。特にアイランド型はほとんどがハイグレードな商品のため、費用は高額になりがちです。

リフォーム費用を左右するポイント②ワークトップや扉の素材

システムキッチンのワークトップには、主にステンレス、人造大理石、セラミックが使用されます。ステンレスは安価でありながら耐久性が高いため、スタンダードグレードで広く採用されています。一方、セラミックは汚れに強く、カラーバリエーションも豊富なため、最高級グレードで多く採用されています。

同様に、キッチンの扉にもさまざまな素材が使われており、その素材によって費用が異なります。例えば、比較的安価な化粧シートタイプや、汚れや熱に強いホーローなどがあります。

リフォーム費用を左右するポイント③設備

システムキッチンの設備は、グレードによって大きな差があります。例えばコンロ下の収納はスタンダードグレードでは棚がついている程度ですが、ミドルグレード以上では引き出し式が一般的です。さらにハイグレードモデルでは、収納やお手入れがしやすいよう機能性が高められています。
また、コンロの熱源によっても費用は異なり、一般的にガスコンロよりIHコンロの方の方が高額です。

リフォーム費用を左右するポイント④オプション

システムキッチンの人気オプションと工事費込みの費用の目安は次の通りです。

  • ビルトイン食器洗浄機:20万円~
  • タッチレス水栓:2万円~
  • 昇降式吊戸(電動):40万円~
  • カップボード:10万円~

オプションを追加するとより便利で使いやすくなりますが、費用が高いものも多いため慎重な検討が必要です。

リフォーム費用を左右するポイント⑤工事の範囲

システムキッチンリフォームの標準工事に含まれるのは、キッチン本体の取り外しや取り付けなど、最低限の工事費用のみです。床や壁紙の張り替えなど追加の工事が必要な場合は、追加費用が発生します。
また、壁付けのキッチンを対面キッチンにするなど配管工事が必要な場合は、さらに費用が高額になります。

リフォーム費用を左右するポイント⑥一戸建てとマンション

一戸建てはマンションに比べてキッチンの面積が広く、レイアウトの自由度も高いため、費用は高くなりがちです。また、建物の状態によっては耐震工事などが必要になり、追加で費用がかかる場合もあります。

一方、マンションは搬入経路に注意が必要です。2階以上でエレベーターがない場合や入口が狭い場合などは、搬入費用が別途かかる場合があります。

システムキッチンの寿命はどれくらい?

システムキッチンの耐用年数は10~20年ほどといわれていますが、使用頻度やメンテナンスによっては30年近く使える場合もあります。
一般的には10年を過ぎると経年劣化により不具合が生じたり、汚れが目立ってくるため、15~20年程度でリフォームするケースが多いです。

システムキッチンは住みながらリフォームできる?

システムキッチンのリフォームにかかる期間の目安は次の通りです。

  • システムキッチン本体の交換:2日~1週間程度
  • 床材や壁紙など、キッチン周辺の内装も交換:5~10日程度
  • キッチンの位置を変更:2週間から1ヵ月程度

リフォーム工事期間はキッチンが使えないため、外食やコンビニ、出前を利用するなど、食事についての対策が必要です。

また、水道の元栓を止めることで一時的にトイレやお風呂も使えなくなりますが、時間は1~2時間程度と短いため、住みながらのリフォームも可能です。

システムキッチンのリフォーム費用を抑える方法

システムキッチンの交換費用は平均100~150万円と高額ですが、工夫次第で安くすることも可能です。費用を抑えて快適なキッチンを手に入れる方法を見ていきましょう。

システムキッチンリフォーム費用を抑える方法①グレードやオプションを見直す

システムキッチンはグレードが高いほど見栄えが良く、設備も充実しています。ショールームやカタログなどで比較してると、どうしてもハイグレードな商品に目がいきがちです。

また、便利なオプションが多く、あれもこれもと選んでいると予算オーバーになることもあります。リフォーム費用を抑えたい場合は、欲しい機能に優先順位を付けながら、グレードやオプションを見直してみましょう。

システムキッチンリフォーム費用を抑える方法②相見積もりをとる

リフォーム会社にはメーカーの得意不得意があり、得意なメーカーの設備は安い価格で仕入れることが可能です。また、工事費用もリフォーム会社ごとに異なるため、同じメーカー・同じグレードの商品を選んでも、依頼する会社によって金額に差が生じます。

このため、システムキッチンをリフォームする際は、複数のリフォーム会社で相見積もりを取りましょう。また、追加の工事費用を含めたトータルの費用を比較するために、現地調査してもらうことも大切です。

システムキッチンリフォーム費用を抑える方法③補助金を活用

システムキッチンのリフォームには、「子育てエコホーム支援事業」など国や自治体の補助金制度を活用できる場合があります。補助金制度によって適用条件や金額などは異なります。

補助金の申し込みには期限があり、工事前の申請が必要です。システムキッチンのリフォームを検討する際は、まずはお住いの自治体で利用できる制度があるかチェックしてみましょう。

システムキッチンリフォーム費用を抑える方法④水回りをまとめてリフォームする

キッチンだけでなく、トイレやお風呂、洗面台など水回りのリフォームを検討している場合は、「水回り4点セット」などのセットプランがおすすめです。一度に支払う金額は大きくなりますが、個別にリフォームするよりもトータルの費用を抑えることができます。

システムキッチンのリフォーム費用が足りないときはローンも検討

キッチンのレイアウトを変えたいときや、オプションが想定より高額だった場合など、システムキッチンのリフォームは思った以上に費用がかかることも少なくありません。「手持ちの資金で足りないけれど、早くリフォームしたい」というときは、ローンの利用も検討してみましょう。

リフォーム会社によっては提携する信販会社のリフォームローンを取り扱っており、リフォーム工事と合わせて申し込むことが可能です。ただし、金利は高めな場合が多いため、できるだけ費用を抑えたい方は銀行のリフォームローンも合わせて検討しましょう。

クラウドローンは銀行のリフォームローンをまとめて探せる

リフォームローンは金融機関によって金利が異なるため、できるだけ金利負担を抑えるためには比較が必要です。しかも、適用金利は収入や資産、ほかのローンの借り入れ状況などにより異なるため、申し込んでみないとわかりません。

そこでおすすめなのが「クラウドローン」です。希望の借り入れ条件を登録すると、融資可能な複数の銀行から直接プランの提案を受けられます。事前審査もまとめて受けられ、適用金利で比較できるため、お得なローンを効率的に選べます

事前審査は見積書なしで申し込めるため、「リフォームの予算を決めるためにいくら借りられるか知りたい」という方も、利用してみてはいかがでしょうか。

システムキッチンのリフォームは費用だけでなく機能も比較

システムキッチンのリフォームは、メーカーやグレードにこだわらなければ費用を抑えることも可能です。ただし、後付けが困難なオプションも多いため、値段だけで選ぶと「もっとこうしておけばよかった」など後悔することも。リフォームはキッチン設備を変えられる15~20年に一度の機会です。機能もじっくり比較して、快適なキッチンを手に入れましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年06月03日
空き家・リフォーム
ユニットバスのリフォーム費用は?工事のタイミングや使える補助金について解説!
浴室のリフォームはまとまった金額がかかり、大がかりな工事が必要になるため、先延ばしにしているひとも多いのではないでしょうか。しかし、浴室を耐用年数を超えて使っていると経年劣化などによって急なトラブルが発生し、浴室が使えなくなってしまうことがあります。トラブルの状況によっては、入れるようになるまで何日...
2024年05月30日
空き家・リフォーム
【2024年版】リフォームローンで住宅ローン控除を受けるための要件や必要書類を徹底解説
住宅ローン控除の対象になるのはマイホームの購入だけではありません。要件を満たせば、リフォームでも控除を受けられます。この記事では、リフォームで住宅ローン控除を受けるための要件や方法、必要書類を詳しく解説します。また、リフォームで使える住宅ローン控除以外の減税制度や、リフォームローン探しにおすすめの方...
2024年05月27日
空き家・リフォーム
【2024年版】リフォームローンはお得?控除や減税もある?金利や審査の流れを解説します
所有している戸建てやマンションに対して大規模なリフォームをすると、その金額は高額になります。リフォーム費用を一括で支払うのが厳しいと感じたら、リフォームローンの借り入れを検討してみてはいかがでしょうか。リフォームローンには減税や補助金といった優遇措置もあります。無担保で組むこともできるので、リフォー...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる