1. ホーム
  2. 医療ローン

クマ取りの平均費用はいくら?クマの種類ごとの原因や施術方法を解説

一言コメント村田大輔 - 貸金業取扱主任者/クラウドローン株式会社代表

クマ取りの費用は多くの人にとって重要な検討事項ですが、幸いにも医療ローンがこれを解決する手段として利用できます。これらのローンは、手術費用をすぐに全額支払う代わりに、分割払いできることで、治療の金銭的な負担を大幅に軽減します。また、多くの美容クリニックが提携する信販会社を通じて、手軽に適用できる低金利のオプションも提供されています。これにより、患者は経済的な負担を心配することなく、必要な治療を受けることが可能になります。

目の下にクマがあると疲れて見えたり、老けて見えるなど、クマによって顔の印象が変わります。クマができる原因は生活習慣によるものや、加齢などさまざま。クマ取りをしたいけれど、どのくらい費用がかかるのかと気になっている方もいるのではないでしょうか。クマができる原因とクマ取りの施術別の費用について解説します。クマ取りでは仕上がりも重要。クマ取りの美容外科を選ぶ時のポイントについても解説をします。

クマ取り費用はクマの種類や施術法により異なる

目の下にできるクマは種類によってそれぞれ見え方が異なり、主に4種類に分けられます。

  • 青クマ…疲れがたまったり、睡眠不足などによる血行不良が原因
  • 茶クマ…紫外線や摩擦などの外部刺激による色素の沈着が原因
  • 黒クマ…目の下の膨らみやたるみによってできる影が原因
  • 赤クマ…眼精疲労などによって、目の下の筋肉が透けて赤黒く見えることが原因

クマができる原因に対しての治療を行っていくため、種類によって施術方法が異なり、治療費も1万円程度から50万程度までと幅があります

クマ取りする前にクマの原因をチェック

クマの原因やタイプによって必要な施術は異なります。判断を誤った施術を行うと逆に悪化してしまう場合もあります。自分で見極めるのは難しいため、どのタイプのクマなのか医師に相談し、適切に診断してもらうことが重要です。

青クマは血行不良が原因

青クマは目の下の血行不良により、毛細血管が薄く見えている状態です。
長時間のパソコンの使用などによる目の疲労や、寝不足によって症状が現れます。青クマは生活習慣を改善し、目の下の血流を良くすることが効果的です。肌が乾燥することにより青クマは目立ってくるため、十分な保湿をすることも大切です。ただし、血行促進のためにマッサージをする場合には注意が必要です。目元の皮膚は薄く繊細なため、マッサージにより摩擦がおきたり、皮膚のたるみや伸びを引き起こす可能性もあります。ホットタオルで目元を温めるなど、皮膚にダメージを与えないようなケアを行いましょう。
青クマには目の下に脂肪注入をして目立たなくする施術方法もあります。

茶クマは色素沈着が原因

茶クマの原因は主にメラニン色素の沈着があげられます。
目の下の皮膚は薄く、乾燥や刺激に弱いため、紫外線や目をこすることにより色素沈着が起こりやすくなります。
茶クマは紫外線や、摩擦による色素沈着が原因のため、刺激を与えないようにスキンケアをしましょう。また、新陳代謝を促進を促進するバランスの取れた食事や睡眠をしっかりと取るのも重要です。茶クマは、他のクマに比べ回復に時間がかかるため早めに治療を始めることをおすすめします。
茶クマは内服薬や外用薬、また、レーザー治療で行なうケースもあります。肝斑などの場合はレーザー治療により逆に悪化してしまう可能性もあるため、医師の正しい判断を得て施術方法を検討しましょう。

黒クマは目の下の膨らみやたるみが原因

黒クマ加齢により筋力の低下や肌のハリが失われることによって眼窩脂肪(がんかしぼうが前に出て膨らみとなり、目の下に影ができて黒っぽく見える状態です。膨らみが多いほど黒クマは目立つようになります。
マッサージ等は効果がなく、加齢により症状が進行しクマがより目立っていく可能性もあります。
黒クマは根本的な原因である眼窩脂肪を除去する経結膜脱脂を行うことで症状が改善します。また、膨らみの下にくぼみがある場合は脂肪注入やヒアルロン酸注入という施術を行う場合もあります。

赤クマは目の下の筋肉が透けて見えるのが原因

赤クマの主な原因は、眼窩脂肪を包んでいる膜がゆるむことで脂肪が前方へ突出します。
その脂肪が眼輪筋を圧迫することで、筋肉が透けて見えるため赤いクマとして目立つようになります。
また、毛細血管が拡張しているために目の下に赤みが出る場合もあります。
温めたり冷やしたりを繰り返しながら、目の周りをやさしくマッサージすることでクマの原因となるたるみを改善します。 ただし、加齢によるものや、生まれつき眼窩脂肪が多い方の場合、マッサージだけではクマの改善が難しい場合があります。

【施術方法別】クマ取り費用の相場を比較

施術方法費用相場対象となるクマの種類
経結膜脱脂20~30万円黒クマ・赤クマ
ハムラ法40~50万円黒クマ・赤クマ
目の下の脂肪注入30~50万円黒クマ・赤クマ・青クマ
グロースファクター注入5~15万円黒クマ・赤クマ・青クマ
ヒアルロン酸注入1~5万円黒クマ
レーザー治療1~5万円茶クマ

クマは種類と状態によって施術方法が異なります。まずは自分のクマがどの種類のクマに当てはまるのかを判断し、必要な施術を理解することが重要です。ダウンタイムや施術後の仕上がりも確認しておきましょう。

クマ取り費用の相場①経結膜脱脂

費用相場:20万~30万程度
対象となるクマ:黒クマ・赤クマ

目の下の加齢や筋力の低下による眼窩脂肪が原因の黒クマや赤クマの場合、経結膜脱脂という施術があります。
経結膜脱脂ではクマの原因となる眼窩脂肪を取り除きます
目の下の内側にある結膜を切開して治療を行うため、表面に傷をつけずに施術をおこなうことができます。傷跡がないため術後でも内出血や腫れがある程度で、ダウンタイムでも目立ちません。

クマ取り費用の相場②ハムラ法

費用相場:40万~50万程度
対象となるクマ:黒クマ・赤クマ

眼窩脂肪が目立ち凹凸のある黒クマや赤クマの場合は、ハムラ法で施術をする方法があります。
ハムラ法とは、目の下にできた眼窩脂肪を目の下のくぼみへ移動させることによってへこみやたるみを平らにする施術です。
ハムラ法は目の下まつ毛の際から切開して治療する「表ハムラ法」と裏側の結膜から治療する「裏ハムラ法」があります。切開を伴う表ハムラ法は傷ができるためダウンタイムが長引きますが、余分な皮膚を切除することができます。
ハムラ法は施術内容が難しいため、料金が高めに設定されています。美容外科の医師の施術経験などを確認し、信頼のできる美容外科を選びましょう。

クマ取り費用の相場③目の下の脂肪注入

費用相場:30万~50万円程度
対象となるクマ:黒クマ・赤クマ・青クマ

目の下がくぼみ、影が原因となるクマには脂肪注入膨らみを作ることでハリができクマを目立たなくさせる方法があります。
脂肪は定着するため、半永久的に効果が期待できます。注入する脂肪は内ももなどから、やわらかい脂肪の採取が必要です。また、採取した脂肪から不純物を除去した濃縮脂肪細胞はより高い定着率が見込めますが、脂肪の採取や加工に手間がかかるため費用は高くなります。
目の下の皮膚はとても薄いため、脂肪を注入する部位や量によって仕上がりが違ってきます。医師の施術実績の写真などを確認し、納得のできる施術を行う美容外科に依頼をしましょう。

クマ取り費用の相場④グロースファクター注入

費用相場:5万~15万円程度
対象となるクマ:黒クマ・赤クマ・青クマ

目の下のくぼみが影となるクマや疲労や加齢による皮膚の衰えにはグロースファクター注入という方法があります。
グロースファクターはもともと体内で作られている細胞増殖を促進する働きのあるタンパク質で、肌などの組織の再生を促す効果があります。
グロスファクターは自己組織が修復されて再生していくため、繰り返し注入することで効果の持続期間が延びていきます。注射器で注入するため傷口もなく、ダウンタイムもほとんど必要ありません。
注入部位や量により仕上がりが異なるため、医師の施術例の写真などを確認して納得のいく医師に依頼をしましょう。

クマ取り費用の相場⑤ヒアルロン酸注入

費用相場:1万~5万円程度
対象となるクマ:黒クマ

膨らみやくぼみによってできた黒クマにはヒアルロン酸を注入し、クマを目立たなくすることができます。
ヒアルロン酸はもともと体内にある肌の水分を保つ役割がある物質のため、アレルギーを起こしにくいのが特徴です。注射器で注入するため傷跡が残らずダウンタイムの必要もありません。ただし、ヒアルロン酸は時間とともに分解され吸収されてしまうため、永久的ではありません。数ヶ月から2年程度で再度ヒアルロン酸を注入していく必要があります。
1回の施術も1万〜5万円程度と安い料金で受けられますが、ヒアルロン酸の種類や注入する量によって料金は変動するので事前に確認しておきましょう。

クマ取り費用の相場⑥レーザー治療

費用相場:1万~5万円程度
対象となるクマ:茶クマ

色素沈着が原因でできる茶クマはレーザー治療クマを目立たなくすることができます。
レーザー治療では高エネルギーの光を利用して皮膚の再生や修復を促します。
目の下は皮膚が薄いため多少痛みが伴う場合もありますが、切開をすることがないため傷跡が残る心配もなく、ダウンタイムもほとんどありません。しかし、一度の施術では完了せず、クマの濃さや範囲によっては定期的にレーザーを受ける必要があります。
目の下の色素沈着の原因はレーザー治療の効果がある茶クマではない場合もあり、肝斑などレーザーを当ててしまうと症状が悪化してしまうものもあります。必ず医師の診察を受けた上で治療法を決めましょう。

クマ取り費用はローンで支払える?

医療ローンには、クリニック提携の信販会社が扱う「信販系医療ローン」と、銀行や信用金庫が扱う「銀行系医療ローン」があります。

低金利なローンを利用したい場合には、銀行が扱う医療ローンがおすすめです。

クマ取りに使える低金利なローンを探すなら、クラウドローンが便利です。クラウドローンは、お金を借りたい人とお金を貸したい銀行をつなぐ、日本初の融資マッチングプラットフォーム。希望の条件を登録して待っていれば、融資可能な銀行から直接ローンプランの提案を受け取れます。

医療ローンだけでなくフリーローンやカードローンもまとめて探せて、比較しながらローンを選べるのもポイント。本申し込みもオンラインで完結できるので手軽です。まずは3分でできる無料登録を始めてみませんか。

クマ取りは費用が安いだけでなく信頼できる美容外科を選ぼう

クマには種類があり、クマの状態によりクマ取りの施術方法も異なります。誤った判断で施術を行うと逆に色素沈着やたるみを誘発させるなど、トラブルの原因となるので、医師の診断のもと正しい治療を行うことが大切です。
クマ取りは施術によって仕上がりが異なる場合もあります。費用が安い美容外科を選ぶのではなく、医師の施術実績と施術後の写真などを確認して、信頼のできる美容外科を選びましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年05月28日
医療ローン
半月板損傷の手術費用はいくらかかる?種類別の手術費用や再生医療などの保存療法も解説
半月板は膝にかかる体重を分散させるクッションの役割を持つ組織で、けがや加齢により損傷することがあります。損傷した半月板は基本的に自然治癒しないため、損傷の状況や症状によっては手術を勧められることもあります。この記事では、半月板損傷の2種類の手術について、費用や入院日数、リハビリ期間などを解説します。...
2024年05月16日
医療ローン
総入れ歯の費用はいくら?保険適用と自費の総入れ歯の費用相場や特徴、インプラントを活用した総入れ歯も解説
歯のトラブルは日常生活に大きな影響を及ぼします。失った歯を補う方法として入れ歯は最も一般的であり、歯が全て無くなってしまった場合は総入れ歯を検討するケースも多いと思います。総入れ歯にはさまざまな治療法があり、保険診療と自費診療で費用も異なります。この記事では、総入れ歯の費用相場を素材や治療法別に詳し...
2024年05月15日
医療ローン
人工透析の費用は年間いくら?高くて払えない?自己負担額や医療費助成制度について解説
人工透析を始めると、基本的には生涯継続する必要があります。頻繁な通院が必要なため、費用面が心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、人工透析にかかる年間費用や自己負担額、人工透析前に必要な初期費用を解説します。また、特定疾病療養受療制度や重度心身障害者医療費助成制度などの費用を抑える...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる