1. ホーム
  2. 空き家・リフォーム

リフォームローンおすすめ10選【2023年1月】簡単にリフォームローンを探せるサービスも紹介

持ち家に長く住んでいるとライフスタイルの変化によって増改築したり、外壁の修繕やキッチン、風呂場の設備を入れ替えたりするなどのリフォームが必要になってきます。リフォームにはまとまった資金が必要になりますが、手持ち資金だけでは足りない場合は「リフォームローン」が役に立ちます。リフォームローンの内容や選び方などと合わせて、おすすめのリフォームローン10選をご紹介します。

リフォームローンの特徴と住宅ローンとの違い

 リフォームローン住宅ローン
借入可能額500~1,500万円程度1億円までなど
返済期間10~15年以内など最長35年
金利水準住宅ローンより高め低い
担保基本的に無担保(有担保も選べる)有担保
審査住宅ローンより通りやすい厳しい
融資までの期間数日~1・2週間程度1ヵ月前後

「リフォームローン」は住宅ローンの一種でリフォーム工事資金として利用できるローンです。おもに次のような使途に利用できます。

  • 住宅の増改築
  • 内装や外装の修繕
  • システムキッチン、ユニットバス等の設備の購入
  • 門塀、造園、車庫等の外構工事
  • バリアフリー工事

住宅ローンにくらべると審査が通りやすく、少額から融資を受けられます。住宅ローンよりも金利は高めで返済期間も短いので数百万円程度のリフォームにおすすめです。

リフォームローンは住宅ローンの返済中でも利用することができます。ただし、住宅ローンやマイカーローンなど、その時点での返済状況をふまえてリフォームローンの審査をするので、融資限度額が低くなったりすることがあります。

おすすめリフォームローン10選

各地の銀行からおすすめのリフォームローンをご紹介します。銀行によって資金使途や金利が異なるので参考にしてみてください。給与振り込みなどで銀行を利用していると特別金利を適用してくれるサービスなどもあります。

北海道銀行のリフォームローン

北海道銀行は札幌に本店を置く銀行です。「道銀リフォームローン」は、住宅の増改築や修繕資金、造園や車庫等の設置修繕資金、セントラルヒーティングやロードヒーティングなどの融雪槽設置資金、オール電化などのエコリフォーム資金などに利用できます。

金利は固定と変動から選べます。2023年5月31日まで金利引き下げキャンペーンを実施しているのでインターネットからの申し込みがお得です。

名称道銀リフォームローン
金利年3.000%~4.300%(固定)※金利引き下げキャンペーン 年2.8%~
年2.425%~3.725%(変動)※金利引き下げキャンペーン 年1.9%~
借入上限額1,000万円以内
最長返済期間固定金利型 10年以内変動金利型 15年以内
団信の有無
※インターネットからの申込み限定で、ガン保障特約付団体信用生命保険を付帯したローンに申込み可能

外部サイト:北海道銀行のリフォームローン

富山第一銀行のリフォームローン

富山第一銀行は富山市に本店を置く銀行です。「かんそうしん保証 リフォームローン」は住宅の増改築をはじめ、造園、門扉、ガレージ、冷暖房の設備資金や上下水道工事などに利用できます。さらに墓地や墓石の購入や太陽光発電などにも利用可能です。

富山第一銀行で給与振込や各種ローンを利用していると金利が0.3%引き下げになります。ローン専門店は土日祝日もオープンしているのでゆっくり相談や手続きができます。

名称かんそうしん保証 リフォームローン 
金利年2.60%(変動)
※条件を満たすと年 2.30%に引き下げ 
借入上限額1,000万円以下
最長返済期間20 年以内 
団信の有無

外部サイト:富山第一銀行のリフォームローン

西日本シティ銀行のリフォームローン

西日本シティ銀行は福岡県博多区に本社を置く銀行です。「NCB EZリフォームローン」はリフォーム費用、エクステリア費用、現在返済中のリフォームローンの借換え資金として利用できます。

西日本シティ銀行で給与振込または住宅ローンの利用やカードローンの利用などの条件を満たしていれば最大で金利が0.7%差し引かれます。団体信用生命保険に加入する場合は保険料相当分の0.3%が金利に上乗せされます。

名称NCB EZリフォームローン
金利年2.4%(変動)
※西日本シティ銀行で所定のお取引がある場合は年1.7%まで引き下げ

年2.9%(固定)
※西日本シティ銀行で所定のお取引がある場合は年2.2%まで引き下げ
借入上限額1,000万円以内
最長返済期間15年以内
団信の有無
※加入する場合は保険料相当分0.3%を金利に上乗せ

外部サイト:西日本シティ銀行のリフォームローン

武蔵野銀行のリフォームローン

武蔵野銀行は埼玉県さいたま市に本店を置く銀行です。「むさしのリフォームローン」は住宅の増改築や内外装補修資金、太陽光発電システム購入設置資金、住宅の設備機器購入資金、車庫や造園等の工事資金、他社のリフォームローンの借換資金として利用できます。

武蔵野銀行で住宅ローンを組んでいると、リフォームローンの金利が3.85%から2.0%に引き下げられます。給与振込や公共料金の自動振替などの利用でも金利の優遇があります。

名称むさしのリフォームローン
金利年3.85%(変動)
※武蔵野銀行で住宅ローンを利用していると年2.0%に引き下げ
借入上限額1,000万円以下
最長返済期間15年以下
団信の有無

外部サイト:武蔵野銀行のリフォームローン

みなと銀行のリフォームローン

みなと銀行は兵庫県神戸市に本社を置く銀行です。「リフォームローン」は自宅のリフォーム工事費用、エクステリア工事費用およびリフォーム工事を伴う大型家具・家電の購入費用、太陽光発電などのエコリフォーム資金、他の金融機関等のリフォームローンの借換資金に利用できます。

Web完結契約にすると金利が大幅に引き下げられます。さらに、給与振込や定期預金など、所定のサービスを利用していると最大で1%引き下げられます。

名称リフォームローンリフォームローンWeb完結契約
金利年5.975%(変動)
※みなと銀行で所定のお取引がある場合は4.975%に引き下げ
年2.975%(変動)
※みなと銀行で所定のお取引がある場合は1.975%に引き下げ
借入上限額1,000万円以内500万円以内
最長返済期間15年以内15年以内
団信の有無
※融資金額が500万円超の場合に加入(保険料はみなと銀行が負担)

外部サイト:みなと銀行のリフォームローン

滋賀銀行のリフォームローン

滋賀銀行は滋賀県大津市に本店を置く銀行です。「スピードローンジャストサポート(目的型)住宅関連ローン」はリフォーム資金、不動産購入資金、太陽光設備や蓄電池購入費用、空き家解体費用、他社住宅関係資金の借換資金に利用できます。

滋賀銀行で借入れなどのサービス利用やカーボンニュートラル設備の導入で金利が優遇されます。カーボンニュートラル関連費用の融資だと団信加入の上乗せ金利が金利年0.3% から年0.2%に引き下げられます。

名称スピードローンジャストサポート(目的型)住宅関連ローン
金利年2.875%、年3.675%、年5.175%(変動)
※3段階の中から審査により決定
借入上限額1,000万円以内
最長返済期間20 年以内
団信の有無
※リフォームローン等の住宅関連資金かつ融資期間10年超の場合に加入。加入する場合は保険料相当分0.3%を金利に上乗せ

外部サイト:滋賀銀行のリフォームローン

横浜銀行のリフォームローン

横浜銀行は神奈川県横浜市に本店を置く銀行です。「横浜銀行リフォームローン」は増改築および住宅設備機器購入、バリアフリー工事および介護機器購入、キッチン・トイレ・浴室等のリフォームなどに利用できます。

契約する時点で横浜銀行にて住宅ローンおよび給与振込のご利用がある場合は年1.0%が差し引かれます。リフォーム内容が決まる前でも申込が可能です。審査結果は3か月間有効なのであらかじめ申し込んでおくと安心です。

名称横浜銀行リフォームローン
金利年2.7%(変動)
※住宅ローンおよび給与振り込みの利用で年1.7%に引き下げ
借入上限額1,000万円以内
最長返済期間15年以内
団信の有無

外部サイト:横浜銀行のリフォームローン

愛知銀行のリフォームローン

愛知銀行は愛知県名古屋市に本店を置く銀行です。「リフォームローン」はマイホームの増改築、住宅機器のご購入、車庫・門扉・造園工事資金、リフォームローンの借換資金等に利用できます。

融資期間が5年以上か以下かによって金利が異なります。インターネットからの申込で金利が年1.1%差し引かれます。さらに住宅資金を利用していると年0.4%、資金使途が太陽光発電・オール電化設置費用等の場合は年0.2%差し引かれます。

名称リフォームローン
金利融資期間5年以内 年3.4%(固定)2023年4月30日まで
・インターネット申込 年2.3%
・インターネット申込かつ住宅資金を利用中 年1.9%
※この金利の適用は2023年7月31日実行分まで

融資期間5年以上 年3.7%(固定)2023年4月30日まで
・インターネット申込 年2.6%
・インターネット申込かつ住宅資金を利用中 年2.2%
※この金利の適用は2023年7月31日実行分まで
借入上限額1,500万円以内
最長返済期間20年以内
団信の有無

外部サイト:愛知銀行のリフォームローン

徳島大正銀行のリフォームローン

徳島大正銀行は徳島県徳島市に本店を置く銀行です。リフォームローンには、住まいのリフォームに幅広く対応するタイプと環境にやさしいリフォーム住宅対象のタイプの2種類あります。

リフォームローン」は住宅の増改築や補修、住宅機器の購入、車庫の設置、耐震構造改修、他行、他社リフォーム借入の借換えに利用できます。

リフォームローン(エコ)」は太陽光発電、電化住宅、ガス省エネ住宅の購入や増改築資金などの購入資金に利用できます。

名称リフォームローンリフォームローン(エコ)〔省エネルギー住宅用〕
金利団信なし 2.70%(変動)
団信あり 2.90%(変動)
団信なし 2.20%(変動)
団信あり 2.40%(変動)
借入上限額最大1,000万円最大1,000万円
最長返済期間最長15年最長15年
団信の有無

外部サイト:徳島大正銀行のリフォームローン

中国銀行のリフォームローン

中国銀行は岡山市北区に本店を置く銀行です。「ちゅうぎんリフォームローン」はキッチン・バスルームなどのリフォーム、給湯器やエアコンなど住宅設備機器の購入・設置、屋根・外壁の補修工事、バリアフリー工事、家庭用太陽光発電設備などに利用できます。

特別金利キャンペーンの期間中はWEB契約で年1.650%に引き下げられます。また、中国銀行の所定のサービスを利用していると年1.850%の金利で利用できます。

名称ちゅうぎんリフォームローン
金利年4.000%(変動)
・キャンペーン WEB契約 年1.650%(変動)
・キャンペーン WEB契約以外の優遇 年1.850%(変動)
※キャンペーン期間は2023年9月30日まで
借入上限額1,000万円以下
最長返済期間15年以内
団信の有無
※団体信用生命保険に加入しても融資利率は変わりません

外部サイト:中国銀行のリフォームローン

リフォームローン選びのポイント

リフォームローンを選ぶとき、金利の高さのほかに固定か変動かの選択も重要です。また、担保や団信なども借りる人の状況や必要な金額によって適した選択が異なります。それぞれの判断基準について解説します。

数百万円程度なら無担保型がおすすめ

リフォームローンには「無担保型」と「有担保型」があります。「担保」とは、借入主が返済困難な状態になった際、返済金を回収するために金融機関側で売却できる借入主の資産や保証人のことをいいます。

有担保型だと無担保型よりも低金利で多額の借り入れが可能となり、返済期間も長めに設定できますが、不動産登記の手続きが必要になり、時間や手間がかかります。数百万円程度の融資であれば、無担保型がおすすめです。

借入期間が短いなら変動金利がおすすめ

ローンの金利形態には「固定金利」と「変動金利」があります。固定金利は金利が高く設定されていますが、返済中の金利はずっと一定です。変動金利は金利が定期的に見直されるので、返済額が途中で変わりますが、その分低金利で借入できます。

低金利状態が続く状況であれば、変動金利の方が返済総額を抑えられます。固定金利は返済総額が割高になりますが、金利が上昇する心配がないので返済計画を立てやすくなります。

融資額が少なく、短期での返済であれば金利の変動の影響をあまり受けないので変動金利がおすすめです。一方、大規模なリフォームの場合は借入金額が多く、返済期間も長くなるため、どちらの金利形態を選ぶかで返済額に大きく影響します。金利形態の違いをよく把握して自分に合ったタイプを選びましょう。

万一のときに備えるなら「団信」付きがおすすめ

団信とは「団体信用生命保険」のことです。契約者がローンの返済期間に死亡したり、高度障害を負ってしまい、返済が出来なくなった場合に、保険金で残債をすべて返済してくれる保険です。ローン返済の負担が家族に行かないようにすることができます。

団信の保険料は金利に上乗せして支払うのが一般的ですが、保険料を銀行が負担してくれる商品もあります。万一の事態に備えて団信の加入も検討しましょう。

おすすめのリフォームローンをクラウドローンで探してみよう

低金利なリフォームローンを探すなら「クラウドローン」が便利です。銀行系ローンの複数のプランを比較しながら選べます。

クラウドローンはお金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐ日本初の金融プラットフォームです。希望の借入条件を登録するだけで、融資可能な金融機関を見つけ出し、金融機関から直接プランの提案を受けられます。

借入可能なプランだけをまとめて比較できるので、一般的な比較サイトに比べると効率的に自分に合ったローンを検討することができます。
リフォームローンのほかに、カードローンやフリーローンも利用できます。

すべての手続きはオンラインでOK! 急を要する場合も申込から融資までスピーディに対応してくれます。

リフォームローンを比較して自分に合ったプランを選ぼう!

リフォームローンは住宅ローンに比べて借りやすく、住宅ローンの返済中でも利用できます。外壁塗装や水回りの設備の入れ替えなど、築10年を過ぎると修繕が必要になってきます。まとまった資金が必要になりますが、予定外の大きな出費が発生する可能性も考慮して自己資金には余裕を持ちたいところです。リフォームローンの金利や借入期間などの特徴を正しく理解したうえで賢く活用しましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2023年03月07日
空き家・リフォーム
フリーローンは借り換えできる?借り換え方法や審査について解説
借り換えとは、現在抱えている借入金を一括返済するために、新たに借入をすることです。借り換えをおこなえば、返済負担の軽減や安定した返済が望める場合があります。今回は、銀行で扱われている「フリーローン」に借り換える場合のメリット・デメリットをはじめ、借り換えへの具体的なステップも解説します。また、知って...
2023年02月17日
空き家・リフォーム
空き家のリフォーム・リノベーション 費用にはリフォームローンがおすすめ!助成金についても解説
空き家は放置したままにすると、固定資産税額が上がったり、罰金を科せられる場合もあります。売却する以外にも、リフォームして有効活用する方法はありますが、住宅の状態やリフォームの内容によっては、高額な費用が必要になります。この記事では、空き家の改修などに便利なリフォームローンや、空き家の活用に対する自治...
2023年02月16日
空き家・リフォーム
空き家の片付け費用はどのくらい?費用を抑えるポイントや補助金についても解説
実家を相続したものの、片付けることもできない状態の空き家が多く存在していて、このような空き家の増加は大きな社会問題となっています。この記事では空き家の片付けについて、費用のことや安くおさえるコツなどを解説します。 空き家の片付けが必要な理由とは 空き家を売却する場合は、家のなかにあるものをすべて片付...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる