1. ホーム
  2. 空き家・リフォーム

水回りリフォーム4点セットの費用相場|セットプランが安い理由や向かないケースも解説

一言コメント村田大輔 - 貸金業取扱主任者/クラウドローン株式会社代表

水回りの一部リフォームに対し、全面改装するか迷うことは多いです。この記事では、キッチン、バスルーム、トイレ、洗面台の「水回りリフォーム4点セット」の費用相場とその節約理由について詳しく解説しています。また、セットプランが適さない場合や、適切なリフォームローンの選び方も紹介。全体的なリフォームが家全体の機能性と快適性を向上させるため、この情報は非常に有益です。計画的なリフォームをお考えの方はぜひ参考にしてください。

お風呂やキッチンなどの水回りに故障や不具合が生じたとき、1ヵ所だけ交換するか複数の箇所をまとめてリフォームするか迷う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、水回りリフォーム4点セットの費用相場や費用が安くなる理由、メリットを解説します。また、セットプランが適さないケースやお得なリフォームローンを探す方法も紹介しますので、水回りリフォームを検討中の方はぜひ参考にしてください。

水回りリフォーム4点セットとは?

リフォーム業者に水回りのリフォームを依頼すると、3点セットや4点セットなどのセットプランを提案されることがあります。このうち4点セットとは次の4ヵ所のリフォームを指します。

  • キッチン
  • お風呂
  • トイレ
  • 洗面台

一般的にセットプランには、設備本体の価格だけでなく基本的な工事費用も含まれています。まとまった費用は必要ですが、個別に工事する場合に比べて費用を抑えることができます

水回りリフォーム3点セットは何が含まれる?

水回りリフォームのセットプランには、4点セットのほかに3点セットや2点セットもありますがあります。3点セットは「浴室・トイレ・洗面台」を、2点セットは「風呂・浴室」または「トイレ・洗面台」の組合せを指すことが多いです。

ただし、セット内容はリフォーム業者によって異なります。また、「選べる水回り3点セット」など自分で必要なリフォームを選べるケースもあります。水回りを2~3ヵ所リフォームしたい場合は、必要な場所が含まれるセットプランを探してみましょう。

水回りリフォーム4点セットの費用相場は100~400万円

水回りリフォーム4点セットの費用は、同じ4ヵ所のリフォームにもかかわらず100万円程度から400万円を超えるプランまで大きな開きがあります。
このような費用の差がなぜ生じるのか、その理由を見ていきましょう。

水回りリフォーム4点セットの費用は設備のグレードで異なる

水回りリフォーム4点セットの費用を最も左右するのは、設備のグレードです。多くのリフォーム業者では、シンプルな「ライトプラン」、コストと品質のバランスのとれた「スタンダードプラン」、最高級グレードの「プレミアムプラン」など、グレード別に複数のプランが用意されています。

最も安いプランは100万円からが目安で、機能がシンプルでデザインや素材などを選べないなどの制約はありますが、その分リフォーム費用を抑えられます。一方、最も高級なプランは最低300万円からで、収納やお手入れがしやすいシステムキッチンや最新機能のユニットバスなど、快適性を高めてくれる設備が充実しています。

シンプルなプランに比べて高級なプランは機能もデザイン性も充実しているため、比較すると良く見えてしまいがちです。しかし、本当に必要な機能なのかを良く考え、予算に見合ったグレードを選ぶことが大切です。

水回りリフォーム4点セットの費用は一戸建てとマンションで違う?

一般的に、マンションは一戸建てに比べて浴室が狭く、設置できる浴槽のサイズも小さめです。また、一戸建ての方が設備の変更やオプション機能の追加が自由にできることが多いです。このため、水回りリフォーム4点セットの費用は、マンションより一戸建ての方が高額なケースが多いです。

水回りリフォーム4点セットは追加の工事費用に注意

水回りリフォーム4点セットの価格には、通常、基本的な工事費用が含まれます。しかし、構造などに問題があった場合の補修工事や配管の移設、内装工事などが必要な場合は、追加の費用が発生します。

予期せぬ費用が発生しないよう、リフォーム業者には実際に現状を確認してもらったうえで、追加の工事費用も含めた見積もりを出してもらいましょう。

水回りリフォーム4点セットの費用が安い理由

水回りリフォーム4点セットの費用は、個別に4ヵ所工事するより安い場合が多いです。なぜ安くなるのか、その理由を見ていきましょう。

水回りリフォーム4点セットの費用が安い理由①メーカー卸値が安くなる

住宅設備は、個別に仕入れるよりも複数仕入れるほうが価格を抑えられます。また、セットにすることで一定の売上が見込めるとメーカーが判断した場合、セットプラン対象商品の卸値が安くなることがあります。

さらに、特定のメーカーの製品を組み合わせることでセット割引が適用され、割引率が高くなる場合があります。これらの理由により、リフォーム業者は通常よりも安い価格で商品を仕入れることできるため、リフォーム費用をリーズナブルに提供することが可能になります。

水回りリフォーム4点セットの費用が安い理由②まとめて工事できる

水回りのリフォームには、解体・配管工事・設置・床や壁の修繕など複数の作業行程があります。単品リフォームの場合は1つの工程が終わらないと次の工程に進めないため、作業時間にロスが生じます。

一方水回りリフォーム4点セットでは複数ヵ所の工程を同時に進行することができ、効率的に作業を進められます。これにより1ヵ所あたりにかかる人件費などを削減でき、トータルのコストを抑えられます。

水回りリフォーム4点セットには費用以外のメリットも!

水回りリフォーム4点セットは、費用を抑えてリフォームできる以外にも大きなメリットがあります。

まず、セットプランに採用される商品は同じメーカーやグレードの商品を採用していることが多いです。これによりデザインやスタイルに統一感が生まれ、家全体に調和をもたらします。

また、水回りは生活するうえで欠かせない場所のため、工事期間はホテルなどへの宿泊が必要となる場合もあります。4点まとめてリフォームすることで個別に複数回おこなうよりトータルの工期を短縮でき、工事中の不便さを抑えることにつながります。

水回りリフォーム4点セットの検討におすすめのタイミングは?

水回りの4点セットをリフォームすると、家の設備が新しくなるだけでなく、より快適で機能的な生活をもたらしてくれます。どのようなタイミングでリフォームを検討すべきか見ていきましょう。

水回りリフォームのタイミング①故障したり老朽化したとき

水回りは家の中でも老朽化が進みやすい場所です。長年の使用や経年劣化で設備が古くなると、次のようなトラブルが発生しやすくなります。

  • 水漏れや水詰まりの発生
  • 給湯器や換気扇の故障
  • カビや汚れが目立つ

このようなトラブルが見られた場合、水回りのほかの場所も老朽化が進んでいる可能性が高いです。部分的な補修と合わせて、4点セットでのリフォームも検討してみましょう。

水回りリフォームのタイミング②築15年を経過したら

水回り設備の寿命はおよそ15~20年と言われており、15年を過ぎると故障や不具合を起こしやすくなります。このため、特に問題がない場合でも、新築や前回のリフォームから10~15年経過したらリフォームを検討し始めるのがおすすめです。

早めに検討を始めることで、予算を確保しやすくなるうえ、選択肢が増えたりキャンペーンのタイミングに合わせて安くリフォームできる場合もあります。また、計画的にリフォームすることで、急な故障や不具合を防ぎ、安全で快適な生活環境を維持することができます。

水回りリフォームのタイミング③家族構成やライフスタイルが変わったとき

水回りは毎日の生活に欠かせない場所なので、次のように家族に合わせてリフォームするのもおすすめです。

  • 子どもが生まれたら、安全で快適に使いやすいお風呂や洗面台にする
  • 高齢の親と同居することになったら、安全性を重視したお風呂やトイレにする
  • 在宅勤務や定年退職で家にいる時間が増えたので、キッチンを充実させる

このように、家族構成やライフスタイルが変わったときに水回りをリフォームすることで、安全で快適に暮らしやすい住まいにすることができます。

水回りリフォーム4点セットが向かないケースもある

水回り4点セットはメーカーや商品が限定されていることが多く、こだわって選びたい方の希望を十分満たせない場合もあります。また、プランはグレードごとに用意されていることが多いため、例えば「キッチンにこだわりたいのでバスルームはシンプルにして費用を抑えたい」という方などは、個別に商品を選んだ方が安く仕上がる可能性もあります。

このように水回りリフォーム4点セットが向かないケースもあります。まずはセットプランにこだわらず、リフォーム業者に「できるだけ費用を抑えたい」「導入したい機能がある」などこだわりたいポイントを伝えましょう。希望に沿ったプランを提案してもらうことで、理想のリフォームが実現しやすくなります。

水回りリフォーム費用が足りないときはローンも検討

水回りのリフォームは、設備の故障やライフスタイルの変化など急なタイミングで必要になることも。また、デザインやオプションにこだわると、予算をオーバーしてしまうこともあります。
リフォーム費用が足りないときは、リフォームローンの利用を検討してみましょう。リフォーム業者によっては提携信販会社のローンを取り扱っている場合があり、リフォームの契約と合わせてローンも申し込めます。
ただし、信販会社のリフォームローンは銀行より金利が高いことが多いです。できるだけ金利負担を抑えたい方は、契約前に銀行のリフォームローンも検討してみましょう。

低金利のリフォームローンを探すならクラウドローンがおすすめ

できるだけ金利の低いリフォームローンを選ぶには、複数のプランを比較する必要があります。しかも、ホームページなどに掲載される金利は上限と下限に幅があり、自分に適用される金利は実際に申し込んでみないと分かりません。

そこでおすすめなのが、日本初の融資プラットフォームサービス「クラウドローンです。希望の借入条件を登録するだけで、融資可能な複数の銀行から直接プランの提案を受けられます。事前審査もまとめて受けられ、適用される金利で比較できるため、低金利なローンを効率的に選べます。

審査はスピーディーで手続きもオンラインで完結可能なので、急にリフォームが必要になった方や忙しくて銀行窓口に行けない方も利用してはいかがでしょうか。

水回りリフォーム4点セットは費用とプランの詳細を比較して選ぼう

水回りリフォーム4点セットには、商品価格と基本工事費用が含まれます。基本工事の範囲はリフォーム業者により異なるため、必ず複数の業者に見積もりを依頼し、追加工事費用なども含めたトータルの価格で比較することが大切です。
なお、水回りを4点セットでリフォームすると、その後十数年程度はその設備を利用することになります。費用だけでなくデザインや機能も納得できるプランを選び、快適で暮らしやすい水回りを手に入れましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年05月27日
空き家・リフォーム
【2024年版】リフォームローンはお得?控除や減税もある?金利や審査の流れを解説します
所有している戸建てやマンションに対して大規模なリフォームをすると、その金額は高額になります。リフォーム費用を一括で支払うのが厳しいと感じたら、リフォームローンの借り入れを検討してみてはいかがでしょうか。リフォームローンには減税や補助金といった優遇措置もあります。無担保で組むこともできるので、リフォー...
2024年05月08日
空き家・リフォーム
古い窓枠のリフォーム費用の相場はどれくらい?交換方法や使える補助金も紹介
窓枠は、窓の周りの枠組み全体やレール部分のことをさします。窓枠が腐食や傷みを放置していると、どんどん劣化が進んでガタつき、窓の安定感がなくなってきます。この記事では、古い窓枠のリフォームの費用相場や交換方法、費用を抑えるポイント、補助金などについてご紹介していきます。「劣化した古い窓枠を早めに対処し...
2024年04月30日
空き家・リフォーム
カーポートの屋根の修理費用はどのくらい?ポリカーボネートの特徴や交換費用の節約術も合わせて紹介
カーポートは、紫外線や雨、汚れなどから、大切な車を守ってくれるエクステリアです。夏の暑い日には車内温度の上昇を防いだり、雨の日に濡れずに乗降できるなどのメリットもあります。しかし、カーポートは外構であるため、強風や積雪、落下物などによって破損してしまう危険性があります。また、日々紫外線や雨風に晒され...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる