1. ホーム
  2. 教育ローン

留学費用はどれくらいかかる?国別・目的別費用の目安と費用を抑える方法

一言コメント村田大輔 - 貸金業取扱主任者/クラウドローン株式会社代表

<div class="flex flex-grow flex-col max-w-full"> <div class="min-h-[20px] text-message flex flex-col items-start gap-3 whitespace-pre-wrap break-words [.text-message+&]:mt-5 overflow-x-auto" dir="auto" data-message-author-role="assistant" data-message-id="201ba227-46cd-45f2-ad22-b907483b2576"> <div class="markdown prose w-full break-words dark:prose-invert light"> 留学には多くの費用が必要ですが、その内訳を理解し、賢く節約する方法があります。留学費用の内訳や目的別の費用の目安を把握し、物価や為替が安い国を選ぶことで費用を抑えることができます。さらに、渡航時期や滞在先を工夫し、教育ローンを上手に活用することも重要です。留学先や学校を比較して選び、資金計画を立てることで、無理のない範囲で留学を実現できます。留学は個々の成長や経験にとって貴重な機会ですので、賢く計画して実現させましょう。 </div> </div> </div> <div class="mt-1 flex gap-3 empty:hidden"> <div class="text-xs flex items-center justify-center gap-1 self-center visible"></div> </div>

「留学したい!」「子どもの留学を応援したい!」と思ったときにまず思い浮かぶのが費用の問題。留学費用は留学スタイルや渡航先の国によって費用の目安が変わります。そこで今回は、留学に掛かる費用の内訳を説明するとともに、人気留学先ごとに分けて目的別の費用の目安を徹底解説。さらには、留学費用を少しでも安く抑える節約術のポイントと留学に利用できる教育ローンを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

留学費用の内訳は授業料+渡航費+滞在費

留学にかかる費用は大きく分けて、滞在先の学校の授業料やプログラム参加費、渡航にかかる諸経費、そして滞在費と生活費です。渡航後の滞在費や生活費以外の費用は原則日本国内で支払うため、出発前にはまとまった金額の用意が必要です。

留学費用の内訳①学校授業料やプログラム参加費用

留学先の学校に支払う費用として、主に次のようなものが挙げられますが、語学留学や高校・大学留学、またはワーキングホリデーなど目的の違いや滞在期間の長さや時期、公立や私立など選択する学校によってかかる費用が異なります。

  • 出願費用や入学金
  • 授業料
  • 教材費
  • 現地サポート料金
  • プログラム参加費

留学費用の内訳②渡航に必要な諸経費

留学費用の大きな割合を占めるのが渡航にかかる費用です。特に数週間程度の短期留学の場合では、その割合がさらに高くなります。次のような諸経費が必要ですが、渡航時期や渡航先、乗り継ぎ便の利用や発着空港によっても費用は大幅に変わります。

  • 航空券代
  • 海外留学生保険
  • パスポートやビザの申請料金
  • ビザ取得に必要な健康診断費や書類発行や作成にかかる費用
  • 渡航準備サポート料金

留学費用の内訳③滞在費や生活費

留学先では滞在費や生活費も、もちろん必要です。大学留学や高校留学など1年以上の長期留学では、留学費用の大きな割合を占めます。滞在費や生活費は、渡航先の物価や為替の影響が大きく、次のような費用も国によって変わります。

  • 滞在費(ホームステイ・寮・シェアハウス)
  • 食費
  • 交通費
  • 通信費
  • おこづかい・交際費

目的別の人気留学先と費用の目安

留学費用は、渡航する国の物価や為替によって大きく異なります。ここでは、長期や短期など留学目的に分けて、人気留学先の国別で必要な総費用を試算しました。それぞれに必要な費用を比較して、渡航先や目的を検討する参考にしてください。

長期語学留学で人気のアメリカは費用が高め

長期語学留学費用の目安

渡航先6ヵ月9ヵ月12ヵ月
アメリカ250万円350万円460万円
オーストラリア195万円260万円315万円
ニュージーランド180万円250万円300万円
カナダ180万円295万円365万円
イギリス235万円360万円470万円

長期語学留学の主な目的は語学力を伸ばすことにあり、語学学校に支払う授業料が留学費用の主な割合を占めます。渡航先として最も人気が高いのはアメリカですが、かかる費用も高めです。特に、人気都市であるニューヨークやロサンゼルスは語学学校の数が多く、選択肢が増える点は魅力的ですが、さらに学費や生活費が高くなる傾向にあります。

次に費用の高いイギリスの場合は、特に物価の高いロンドンではなく、他都市での留学も視野に入れておくと節約できる可能性があります。

短期語学留学では費用の安いフィリピンも人気

短期語学留学費用の目安

渡航先4週間12週間
アメリカ60万円142万円
オーストラリア51万円106万円
ニュージーランド54万円106万円
カナダ48万円100万円
イギリス65万円140万円
マルタ48万円127万円
フィリピン30万円75万円

短期語学留学に必要な費用は、長期留学やワーキングホリデーとは異なり、航空券などの渡航準備費用が大部分を占めます。

長期留学で人気の主要5ヵ国以外では、リゾート旅行気分も味わえることもあり、留学費用を安く抑えられるマルタやフィリピンの人気が高いです。また、短期間の滞在であれば、物価や為替の影響から滞在費用が高くなりやすいアメリカやイギリスも、他の国との費用の差はあまり大きくありません。

ワーキングホリデーは費用を抑えて留学できる

ワーキングホリデー費用の目安

渡航先12ヵ月
オーストラリア120~180万円
ニュージーランド120~190万円
カナダ150~220万円
イギリス250~300万円

ワーキングホリデーとは、海外で働きながら、勉強や余暇を満喫できる人気の留学スタイルです。滞在期間は1~3年間、日本国籍を有する18~30歳までの若者が対象です。

<渡航先は限られている>

ワーキングホリデーでは、観光や就労、就学ができる特別なビザを発行して入国するため、選択できる国は限られます。オーストラリアは壮大な自然が楽しめる上、給与水準も高いことから人気です。

<滞在先の給料で留学費の一部をまかなえる>

留学期間中に現地でしっかりと働けるのであれば、1年間で100万円ほど稼げるケースもあり、ある程度は留学費用をまかなえる可能性があります。ただし、必ずしも滞在期間中ずっと働けるとは限らないので、ゆとりを持った計画を立てておくことが大切です。

高校生の人気留学先はオーストラリア・ニュージーランド

高校留学費用の目安

渡航先1ヵ月3ヵ月6ヵ月12ヵ月
アメリカ30~70万円70~100万円150~300万円200~600万円
カナダ30~50万円80~100万円100~200万円200~450万円
オーストラリア30~60万円80~100万円120~200万円200~450万円
ニュージーランド30~50万円70~100万円100~150万円200~500万円
イギリス40~70万円150~200万円200~400万円300~600万円

高校生の留学には「語学留学」と、高校生活自体を海外で過ごす「高校留学」があります。
短期間のサマースクールや交換留学など、学校が提携している制度を利用すれば、費用を抑えて「語学留学」することができます。一方の「高校留学」は単位取得や卒業を目的としているので、留学期間は平均2〜3年、長期間になるほどかかる費用も多くなります。

<オーストラリアとニュージーランドが人気>

高校生の留学先として人気が高いのはオーストラリアとニュージーランドです。受け入れ先の教育機関が私立・公立ともに整っていているため、質の良い教育を受けられます。
オーストラリアやニュージーランドへの留学費用の相場は年間300~400万円程度、一般的には、私立高校の方が公立高校より授業料金が高くなる傾向があります。

<予算に合わせて学校を選ぼう>

公立校であっても地域や学校によって授業料金が高く設定されていることもあります。複数年通うことも加味し、担当コーディネーターと相談しながら、予算にあわせた高校を検討することが大切です。

大学留学は通う学校により費用が異なる

大学留学費用の目安

渡航先12ヵ月
アメリカ380〜600万円
カナダ320〜660万円
オーストラリア350〜550万円
ニュージーランド340〜410万円
イギリス390〜800万円

大学留学では、学費が留学費用全体の50%以上を占めます。通う学校が公立(州立)か私立なのかはもちろん、専攻が文系か理系であるかでも費用の相場は大きく異なります。また、4年制の大学を選択すれば、費用もその分かかります。

留学費用を抑える方法

留学を希望する社会人本人はもちろん、子どもの留学を検討している親をもっとも悩ませるのが留学費用の高さです。ここでは、できるだけ留学費用を安く抑える方法のポイントを4つに分けて、くわしく解説していきます。

留学費用を抑える方法①物価や為替が安い国を選ぶ

留学費用に最も大きな影響を与えるのが、物価と為替です。日本との経済力の関係や世界の景気動向を踏まえて、留学先を選択しましょう。

留学先としても人気の高いアメリカやイギリスなどは、為替の影響により日本円で授業料金を換算すると高く感じる上、現地の物価も高いので生活費も増える傾向です。しかし、同じ英語圏であっても、カナダやオーストラリア、ニュージーランドなどは日本との為替をみると割安なので費用を抑えることができます。

留学費用を抑える方法②渡航時期や滞在先を工夫する

留学費用を抑えるためには、留学や渡航の多い繁忙期を避けたり、滞在先を工夫することで費用を安く抑えることもできます。繁忙期を外せば航空券であれば10万円、学費も5万円程度抑えることも可能です。

滞在費や生活費を節約するためには、滞在先を物価の高い都市部ではなく、地方や田舎にすることも有効です。ただし、都市部は、語学学校が多く価格競争が起こり学費が安くなる傾向もあるので、学費と滞在費や生活費のバランスを考えて決めるのが得策です。

留学費用を抑える方法③早めに渡航計画を立てる

希望者が集中する短期留学や学費が安くて人気の高い学校の定員は、早く埋まりがちです。渡航時期や留学したい国がおおよそ決まっているのであれば、早めに渡航計画を立てておきましょう。語学学校によっては早期申込割引を利用できる可能性があります。

<学費は年々上昇している>

大学や語学学校に関わらず、学費は毎年更新され、年々上昇傾向にあります。そのため、同じ学校であっても留学する前年度に申し込むことで、3万円程度節約することもできます。

<格安航空券は早めにチェック>

留学先を決めたら航空券の定期的な値段を調べ、キャンペーンの有無を確認しましょう。人気の格安航空券は発売後すぐに売り切れてしまうので、あらかじめ調べておけば、航空会社のキャンペーンを待って購入することができます。

留学費用を抑える方法④自炊して食費を抑える

現地でかかる生活費や食費を抑えるために、自炊をしましょう。外食はどこの国であっても高くつきます。とはいえ、現地の食事を味わったり、友人との語らいを楽しめるのも留学生活の醍醐味です。できるだけ外食の回数を減らしたり、外での飲酒を避けると良いでしょう。

また、自炊をすることでジャンクフードの食べ過ぎや、現地の食事が合わず体調を崩してしまうことも避けられます。料理経験がない場合は、日本にいる準備期間に練習しておきましょう。

留学費用に教育ローンは使える?

留学を申し込む際に、滞在先の学費や生活費などを支払えることを証明する「残高証明」や「財政証明」を提出しなければなりません。資金が足りない場合は、留学費用に教育ローンを利用することはできるのでしょうか?

ほとんどの教育ローンは留学費用に対応

国や民間の金融機関が取り扱う教育ローンのほとんどは、子どもの留学費用に対応しています。まずは、奨学金や低金利で利用できる国の教育ローンから検討してみましょう。国の教育ローンの借入上限は原則350万円ですが、留学であれば450万円まで増額することができます。ただし、6か月以上の長期留学のみ申請可能です。

銀行の教育ローンであれば1000万円まで借りられるケースもあり、高額な費用が必要な長期留学に対応できます。

社会人の短期留学費用に使える教育ローンもある

有給休暇や長期休暇を利用した短期留学であれば、銀行にもよりますが、社会人本人の留学費用に対応できる教育ローンも数多く販売されています。

ただし、どんなローンであっても安定した収入がないと利用できません。仕事を辞めてから長期留学を希望する場合には、安定した収入のある親や配偶者名義で教育ローンを申し込んでもらうか、ローン以外の方法を検討する必要があります。

留学に使える教育ローン探しはクラウドローンが便利

留学に使える教育ローンを探すなら、クラウドローンが便利でおすすめ。複数のプランを効率よく比較して、より低金利や自分に合ったプランはもちろん、社会人本人が利用できる教育ローンのプランを効率よく選べます。

クラウドローンは、お金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐ日本初の金融プラットフォームです。希望の借入条件を登録するだけで、融資可能な金融機関のみを一覧化し、金融機関から直接プランの提案を受けることができます。

<まずは、最短3分でできる無料診断でチェック>

すべての手続きはオンラインでOK。平日は忙しい社会人の方も安心です。申込から融資までがスピーディだから、貴重なステップアップの機会を逃すことはありません。

留学の国や学校は費用を比較して選ぼう

留学に必要な費用は、目的はもちろん、渡航する国の物価や為替によって大きく変わります。国ごとに必要な費用をしっかりと比較して上手に学校を選び、ゆとりをもった資金計画を立てておくことが大切です。
留学費用に利用できる教育ローンも、資金準備に役立つ手段のひとつです。教育ローンを無理のない範囲で賢く利用して、社会人としてステップアップを目指したり、子どもが世界へと羽ばたく大切な機会を快く応援してあげましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年05月24日
教育ローン
【2024年5月最新版】おすすめの教育ローン5選|選び方のポイントも紹介
子どもの教育費・学費はまとまったお金が必要になる為、資金作りに苦慮している家庭も少なくはないでしょう。大学等への進学にあたっては、予備校代、入学金、授業料の他にも一人暮らしにかかる費用などが必要になり、貯蓄からは賄いきれない場合があるかもしれません。家庭の経済的な負担を軽減する為にも検討したい「教育...
2024年04月09日
教育ローン
【2024年版】ワーキングホリデーの費用|費用の内訳や節約方法を解説
海外で長期滞在しながら語学を勉強し、現地の企業や組織で働くことができるのがワーキングホリデーです。この制度は、若者向けの文化交流や語学習得を目的としており、滞在費用を全額用意しなくても渡航できるメリットがありますが、具体的にはどれくらいの費用が必要なのでしょうか。ここでは、渡航前後にかかる費用の内訳...
2024年03月21日
教育ローン
教育ローンの審査は厳しい?審査に通らない理由や審査のポイント、申請前の注意点を解説!
子どもの進学に必要な入学金や授業料、下宿代の費用が、予想以上に増えてしまった場合、教育ローンを検討する人も多いでしょう。しかし、教育ローンの審査は厳しいというイメージがあります。そこで今回は、教育ローンの審査に通らない理由や審査のポイントをくわしく解説しつつ、申請前に必ず押さえておきたい注意点や教育...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる