1. ホーム
  2. 教育ローン

小学校受験の費用の相場は?準備を始める時期や受験にかかる費用を解説

小学校の受験は高所得世帯のものと思われてきましたが、近ごろでは、時代に合った新しい教育方針や、子どもへの手厚いサポート体制のある学校が人気で、一般の世帯も小学校受験を受けるようになりました。そのため、小学校受験を受ける世帯が増加傾向にあります。しかし、私立の小学校というと、お金がかかるイメージがあります。受験や学費にどれだけの出費が必要になるのでしょうか。
この記事では、小学校受験にかかる費用や入学後に必要な学費、出費を抑える方法などを解説します。

小学校受験準備は遅くても受験の1年前から

入試の難易度が高い学校や倍率の高い人気校を志望する場合は、準備期間に時間が必要になります。幼児教室では1歳を対象としたクラスからありますが、入試の本格的な対策は年中時期から始まります。
小学校受験で重要視されるのは子どもの性格や資質です。素直なことや集中力があることなどは、日々の生活の影響が大きいため、早いうちからの働きかけが大切です。そして、ペーパーテストや正確にものを数える問題などは受験対策が必要です。
本人の適性や能力によって必要となる期間は異なるので、余裕を持って準備するには年中時期から、そして、遅くても受験の1年前くらいから準備を始めましょう

小学校の受験にかかる費用はおよそ100万円以上

小学校受験にかかるのは、おもに次のような費用です。

幼児教室などにかかる費用
(年中、年長の2年間の場合)
月謝 約60万円(1か月2万~3万円)
教材費 約10万円(1冊1,500円程度)
模擬テスト 約10万円(1回5千~1万円程度)
受験料(3校の場合)約8万円(1校につき2万~3万)
面接用の服、バッグ、靴子ども 約10万円
保護者2人分 約20万円
合計約118万円

小学校受験の準備は年中時期から始めることが多く、早い家庭では年少時期から始めるので、幼児教室などにかかる月謝はだいたい2〜3年分必要です。
都市部の幼児教室や塾の月謝は高めな傾向で、大手の有名塾だと年間費用が100万円を超えるところもあります。
受験科目に運動や絵画、工作などがあり、それらの対象科目をひとつの教室では対策ができない場合は、複数の教室に通う必要があるかもしれません。
それぞれのくわしい内容を次の項で解説します。

小学校受験にかかるタイミング別の費用

小学校受験にともなってかかる費用を、受験前、受験時、入学前のタイミング別に解説します。幼児教室などの月謝のほかにも、まとまった金額が必要なものがあるので、余裕をもって準備をしておきましょう。

小学校受験前にかかる費用

①受験のノウハウが学べる幼児教室

受験対策の幼児教室は小学校受験をする幼稚園児にとっての予備校のような存在です。各学校の受験の情報やノウハウが充実しています。入試には筆記試験だけではなく、集団の中での他者とのかかわり方などの行動観察もあります。同じ年頃の子どもたちが集まっている環境で学習できることや、親子面接の対策ができることが幼児教室のメリットです。
幼児教室はそれぞれ異なる特色があります。受験させたい学校がしぼられている場合は、その学校の合格実績が多いところを選ぶようにしましょう。

②整った設備でグループ練習もできる運動教室

入試で運動テストを行っている学校もあります。基礎的な運動やボール投げ、跳び箱、鉄棒など幅広く行われます。
運動テストでは基本的な運動ができるかということとあわせて、指示通りに行動できたり、きちんと返事ができるかなどがチェックされます。
運動する設備や練習相手が必要なので、家庭で練習するのが難しいときは、受験内容を熟知した体操教室に通わせることを検討しましょう。

③画材の使い方から表現方法も学べる絵画教室

絵画や工作のテストでは、絵の描写や色ぬりの完成度や、ていねいに形を作れるということなどのほかに、自分らしさが表現できているかということをチェックされます。
受験に対応する絵画教室では、自分のイメージをふくらませたり、表現したりする力をやしないます。 また、作品作りを通して、絵の具やクレヨンなどの画材や、はさみやホチキスなどの用具のあつかいを習得することができます。

小学校受験にかかる費用

①受験する数だけ必要になる受験料

受験料は私立小学校の場合、1校につき2万〜3万円程度で、国立は2千〜3千円ほどです。本命の学校に受からなかった場合を考慮して、複数の学校を受験する場合は、受ける学校分の受験料が必要になります。3〜5校ぐらいを併願受験するケースが多く、その場合は合計で10万円前後かかることになります。
また、願書の顔写真を写真スタジオで撮影する場合は撮影やプリント代をあわせて1万円近くかかることもあります。

②よい印象をあたえる面接用の服装

小学校受験では面接をおこなうところも多くあります。親子そろっての場合や子どもだけの場合など、学校によって面接の形式はさまざまです。
面接するときの服装に決まりはありませんが、学校の校風に合った装いを心がけましょう。子どもは白いシャツに紺色のボトムスが基本です。父親はスーツで、母親はスカートのスーツが定番です。親子で統一感があると印象がよくなります。
これらをすべて新調するとかなりの出費になるので、レンタル衣装を活用してもいいかもしれません。

③合格したらすぐに支払う入学金

無事に志望校に合格し入学する場合は、合格発表当日から数日内に入学手続きをして入学金を振り込まなければなりません。期日までに入金がなければ入学が取り消されてしまうので十分注意しましょう。
私立小学校では入学金としておよそ25万円〜30万円が必要です。もし、第一志望の合否結果が出る前にほかの学校に合格した場合は、入学資格が無効にならないように入学金を支払うことになります。第一志望に合格した場合はその入学金は無駄になってしまいますが、こういったケースにも備える必要があります。

入学前にかかる費用

①授業料などの学費

(参考:https://www.hokepon.com/column/column-life-edu-005/

国立の小学校の場合は年間20〜30万円程度かかります。その他に学校行事に必要な費用や寄付金を集める学校後援会という団体があり、入会費や年会費を支払う必要があります。
私立小学校では年間の学費は年間100万〜150万円程度必要になります。国公立の小学校の学習費は1年間で約30万円なのに対し、私立の小学校は約160万円と約5倍の違いがあります。
この違いは国公立は授業料が無料なのに対して、私立は授業料や入学金、施設設備代などを負担しなければならないということが大きく影響しています。

このほか、芸術やスポーツ・レクリエーション活動などに力を入れるため、その分学費も高くなる傾向があります。

②制服・学用品の購入

国立や私立の小学校の多くは指定の制服の着用が義務付けられています。そのため、制服や学校指定の学用品を購入することになります。おもな購入品は制服の冬服と夏服、校内着、体操服、コート、バッグ、靴、学校指定の教材などです。
指定のものを購入しなければならないので、公立小学校のように安いものを選んで節約するといったことができません。また、服や靴は子どもの成長にあわせて買い替えをしなければなりません。買い替え分の費用も見込んでおきましょう。

小学校受験をする際の年収はどれぐらいあればいいのか?

(参考:https://oyako-kufu.com/articles/2134

文部科学省の「平成30年度子供の学習費調査」によると、子どもを私立の小学校に通わせている世帯の約65%の世帯年収は1,000万円以上で、その約半数が1,200万円以上の世帯となっています。

また、同じ調査結果によると、私立の小学校の1年間の学校教育費の平均は約90万円で、給食費と合わせると約95万円。そして、習い事を含めた学校外活動費は年間約65万円で、合わせると年間約150万円かかっているとのことでした。

この金額は平均値のため、学校によって金額の大小はありますが、子どもを私立小学校に通わせるには毎年約150万円必要となるので、私立小学校への進学を迷っているときは、この金額を継続的に工面できるかどうかで判断することができそうです。

小学校受験は将来的にはお得?

私立の小学校に入学するには、受験対策のための幼児教室などに費用がかかり、入学後も高額な学費が必要になります。 しかし、大学の附属小学校受験を突破すれば、その後の中学、高校、大学には受験なしで進学することがほぼ約束されます。そのため、何年も浪人して塾や予備校などへ予定外の出費をするなどの心配がありません。 

そして、附属小学校のメリットは人脈のつながりが強くなることです。子どものころからの付き合いは強い仲間意識を形成します。大人になって就職する際や仕事においても、能力を高め合うライバルでありながら、お互いを助け合う存在になることもあるようです。 

小学校受験にかかる費用を抑える方法

小学校受験でお金がかかるのは幼児教室などの習い事の費用です。小学校受験対策のために幼児教室などに通うことはほぼ必須なので、出費を覚悟しなければなりませんが、家庭学習を充実させることで幼児教室に通う期間を減らして費用を抑えることは可能です。

受験対策として、家族が子どもにいろいろな体験や経験をさせましょう。公園などで生き物や植物を観察したり、本を読んだり、知育おもちゃや図形パズル、ぬり絵、折り紙、積み木などで一緒に遊んだり、季節ごとに動物園や植物園、水族館などに出かけることなどが効果的です。

小学校受験の内容をよく知っている人の場合は、家庭学習をメインにして、入試が迫ってきた数か月間だけ幼児教室に通うケースもあるようです。

銀行の教育ローンは小学校受験や学費に使える

月謝や学費がたりないときに便利なのが教育ローンです。銀行の教育ローンは塾の費用や学費などの教育関連の費用を低金利で借りることができます。

教育ローンを探すなら「クラウドローンが便利です。クラウドローンはお金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐ日本初の金融プラットフォームです。

希望の借り入れ条件を登録するだけで、融資可能な金融機関を見つけ出し、金融機関から直接プランの提案をしてくれます。借入可能なプランだけをまとめて比較できるので、一般的な比較サイトよりも効率的に自分に合ったローンを検討することができます。すべての手続きはオンラインで完結できるので、急を要する場合もスピーディな対応をしてくれます。

小学校受験をするなら家計の見直しから始めよう!

私立小学校に子どもを通わせている世帯の年収は、半分以上が1千万円以上でしたが、1千万円以下でも通わせている世帯もいます。
私立小学校の教育費が捻出できるか不安な場合は、先々に予定している住居や車の購入などの大きな出費や日々の生活費などの支出全体を見直してみましょう。場合によっては学費を確保できる可能性が高くなるかもしれません。
教育費は幼稚園から大学までの19年間かかり続けるので長期的な観点で検討しましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年02月22日
教育ローン
医学部予備校の費用相場とは?予備校選びのポイントや費用を抑える方法も紹介
大学受験の中でも特に難関といわれる医学部受験。人気も偏差値も高く、現役合格率はわずか30〜40%とも言われています。そんな狭き門の医学部合格を目指す、専門の予備校があるのをご存じですか?医学部受験のための予備校、通称『医学部予備校』は、医学部の入試傾向を分析し、特化したカリキュラムが組まれ、専門知識...
2024年02月21日
教育ローン
公認会計士予備校の費用相場はどれくらい?公認会計士になるまでの流れや費用を抑える方法も解説
公認会計士は医師や弁護士と並ぶ国家資格のひとつで、難易度の高い資格です。高い専門性が求められるため、多くの人は予備校に通い資格取得を目指します。公認会計士は国家資格でありながら医師や弁護士のように受験資格が制限されていないので、学生、社会人問わず誰でも試験を受けることができます。公認会計士になるまで...
2024年02月20日
教育ローン
浪人生の予備校費用は年間いくら?平均額や内訳、費用を抑える方法も解説
浪人生の予備校費用は、志望する大学や学部によって大きく異なります。なかには、「次こそは大学に合格したい」とたくさんの講座を受講してしまい、貯金を予定外に切り崩してしまうケースも見受けられます。この記事では、浪人生の予備校費用の平均額とその内訳、さらには費用を抑えるための実践的な方法について詳しく解説...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる