1. ホーム
  2. 空き家・リフォーム

古い窓枠のリフォーム費用の相場はどれくらい?交換方法や使える補助金も紹介

窓枠は、窓の周りの枠組み全体やレール部分のことをさします。窓枠が腐食や傷みを放置していると、どんどん劣化が進んでガタつき、窓の安定感がなくなってきます。
この記事では、古い窓枠のリフォームの費用相場や交換方法、費用を抑えるポイント、補助金などについてご紹介していきます。「劣化した古い窓枠を早めに対処したい」と思っている方に、お読みいただきたい記事です。

窓枠の機能や種類、リフォームの流れについて

まず初めに、窓枠の機能や種類、窓枠のリフォームの流れについてご説明していきます。

窓枠の機能(役割)とは?

窓枠の役割は、窓やサッシをきっちりおさめて安定させることでしょう。特に、サッシは窓周辺の水をうまく処理するため複雑な形状になっており、窓枠で美しく隠す必要があります。そのほか、窓枠には、防音や断熱性の向上、すきま風の防止などが挙げられます。

窓枠にはどんな種類がある?

窓枠の種類は、「木製窓枠」、「アルミニウム窓枠」、「ビニール窓枠(ヴィニール、PVC)」、「スチール窓枠」などが一般的であり、それぞれに特性があります。また、窓枠の耐久年数は、およそ10年程度と言われています。

窓枠のリフォームの流れ

リフォームの手順は、一般的に「コーキングを切る→ビスを外す→窓枠を外す→新しい窓枠を取り付ける→コーキングし直す」といった流れになります。
比較的窓枠の劣化が進んでいない場合は、防水性の高いペンキで窓枠を塗装したり、化粧板の取り付けのみといった「部分的な補修」をする場合もあります。

費用がかかる古い窓枠のリフォーム方法とは?

費用がかかる窓全体のリフォームには、窓ガラスの交換、内窓の設置、外窓の交換などが挙げられます。窓枠の交換は外窓の交換時に行われることが多く、下の図のように「はつり工法」と「カバー工法」の二つがあります。

【はつり工法】

出展:先進的窓リノベ2024事業/はつり工法

はつり工法」とは、外壁を壊して窓枠と窓・サッシを含めた窓全体の交換をする工法。より機能性の高い窓にリフォームできますが、大がかりな工事になる場合もあり、費用が高めの傾向に。また、2階以上の場合は足場を組む必要があることもあり、別途足場代が必要になることがあります。

【カバー工法】

出展:先進的窓リノベ2024事業/カバー工法

カバー工法」は、既存の窓枠やサッシの上に新しいサッシをかぶせる方法のこと。窓枠が劣化している場合は、部分補修を行います。壁を壊さないため、簡単に施工することが可能ですが、既存の窓枠に新しい窓枠をかぶせるため、窓の開口部は一回り小さくなるのがネックです。比較的費用が安く、施工にかかる時間が短い工法になります。

古い窓枠をリフォームする費用相場はどのくらい?

古い窓枠をリフォームする費用は、以下の表の通りです。

リフォーム内容費用備考
部分的な改修1~5万円程度塗装や化粧板の取り付けなど
窓枠のみの交換1窓あたり4~8万円程度
はつり工法・腰高窓 15~25万円程度
・掃き出し窓 30~55万円程度
比較的高額な工法
カバー工法・腰高窓 10~25万円程度
・掃き出し窓 15~30万円程度

窓枠の品質や使用するサイズ、窓のデザイン、オプション、業者によっても費用は異なります。窓枠が外れない状態であれば、壁のボード補修、クロス張り替え、シートの上張りなどが必要になり、費用は高くなります。そのほか、大きなサイズや特殊な形の窓は、標準サイズよりも費用が高くなり、窓をサイズ変更する場合は、さらに費用がかかります。

古い窓枠のリフォーム費用の内訳

古い窓枠のリフォーム費用の内訳には、大きく分けて窓枠自体の費用、工事費用、養生費用などがあります。

それでは次に、窓枠のリフォーム費用の内訳について詳しく見ていきましょう。

①窓枠費用

窓枠自体の費用相場は、一般的に3千円~3万円程度になるでしょう。アルミ製やアルミ樹脂複合の窓枠など、さまざまな素材や種類があり、高級感のある素材や、ガラス窓付きの窓枠はさらに高額に。同時に交換することがある窓・サッシの費用相場は、2~40万円程度になり、普通のガラス→防犯ガラス→遮断ガラスの順に高額になっていきます。素材や大きさによって費用に差が出るため、詳しくはリフォーム業者までご確認ください。

②工事費用

古い窓枠を交換する場合の工事費用は、一般的に2万5千~12万円程度かかります。通常、既存の古い窓枠の撤去や処分費用、新しい窓枠の設置費用が工事費用に含まれますが、リフォーム業者によって異なります。また、廃材処分の費用が別途発生する場合は、約5千円ほどかかる場合もあります。

③その他費用

その他の費用は、以下の表の通りです。

費用備考
部品(パーツ)1箇所3千円程度
戸車・ゴム部分・ロックの交換工事一式1窓あたり約3万5千円程度
養生の費用5千~1万円程度養生テープ、エコフルボードなど
足場5~6万円程度
運搬費や交通費、駐車場代5千円程度

詳しくはリフォーム業者までご確認ください。

古い窓枠のリフォーム費用を左右するポイント

古い窓枠をリフォームするタイミングで、窓の機能性をさらに高めておきたいもの。しかし、機能性を追い求めた結果、高額な費用がかかってしまうケースもあります。

ここからは、古い窓枠のリフォーム費用の差が生じるポイントについて見ていきましょう。

①窓枠の種類やサイズ

高品質な窓枠や高級感のある窓枠を選ぶと高額に。木製なども、素材にこだわると費用も高額になっていきます。くわえて、標準サイズより大きめの窓や特殊な形状の窓の窓枠の費用も高めになります。

②窓ガラスの交換や雨戸設置

窓枠のリフォームにあわせて、防犯性能、防音や遮熱対策、耐震補強の窓ガラスに交換したり、二重窓や雨戸を追加で設置すると費用は高額に。二重窓は8万円程度かかり、防犯設備を窓に設置する場合は4~15万円程度かかります。また、雨戸の後付けは5~30万円程度かかるでしょう。

③工事の範囲

古い窓枠に限らず、窓ガラスの交換や内壁、外壁、床のリフォームなども同時に行う場合は、別途費用がかかります。工事の範囲は無理せず、リフォーム資金は、余裕を持って準備しておくことをおすすめします。

古い窓枠の劣化の原因は?交換するメリットは?

ここからは、窓枠が劣化する原因などについて詳しくご説明していきます。

窓枠が劣化する原因

紫外線や結露、長いこと雨水などにさらされると、窓枠が劣化していきます。特に、冬は結露で窓枠が痛み、カビが発生することもあるでしょう。窓枠の経年劣化は避けられないため、古い窓枠を新しくすることにより、清潔で快適な住まい作りが実現できます。

交換するメリット

古い窓枠をリフォームするメリットは、カビなどによる健康のリスク軽減や密閉性や熱効率アップ、防音効果などが挙げられます。ガタつきや操作の不具合も解消されるでしょう。室内のインテリアになじむ窓枠にリフォームすれば、インテリアも自然な印象になります。

窓枠のリフォーム時の注意点

分譲マンションや賃貸物件の窓枠をリフォームする場合は、窓枠やサッシがマンションの共有部に該当する場合があるため、ご注意ください。その場合は、管理組合や物件オーナーを通して、リフォームする必要があり、マンションの大規模修繕工事にて窓枠の補修が行われる場合もあります。
また、リフォーム中は、外気も入ってくるためリフォームする季節は真夏や真冬は避けた方が無難でしょう。

古い窓枠を交換する期間はどのくらい?

古い窓枠を交換する期間は、カバー工法や部分補修なら数時間~半日程度はつり工法の場合は、1~7日程度かかるでしょう。まわりの壁や床まで同時にリフォームする場合は、期間がもっとかかるため、詳しくは業者までご確認ください。

古い窓枠のリフォーム費用を抑える方法

リフォームを検討する際は、予算とのバランスを考慮することが重要であり、こちらの予算に合わせて、業者の見積もりを出してもらうことも大切です。リフォーム業者のなかには、決算やキャンペーン時期に費用が安くなる場合もあるため、チェックしてみてください。

それでは次に、費用を抑える方法を見ていきましょう。

①補助金を活用

国や自治体の補助金制度を活用すれば、費用を抑えることが可能になります。高性能窓(断熱性の高い窓)などに交換した場合、補助金が出ることがあります。環境省の先進的窓リノベ事業や子育てエコホーム支援事業、自治体のウェブサイトの補助金の情報をチェックしてみてください。各制度においては、交付できる条件や金額、工事内容が異なり、申請期限もあるため、ご注意ください。

②グレードやオプションを見直す

窓枠において、見栄えの良い素材や高級素材、防犯機能などのオプションを設置したくなりますが、本当に必要か再考してください。必要な部分に優先順位をつけて、必要のないオプションを見直すことにより、費用を抑えることができます。

③メーカーにこだわらない

窓枠や窓全体のリフォームが得意な業者は、窓枠を通常より安く仕入れることがあるため、リフォーム費用を節約することができるでしょう。そのような業者は、特定のメーカーの製品に慣れているため、効率的に作業を進めることができ、余計なコストが抑えられるでしょう。なお、セルフで交換する場合は、窓枠の測り方にご注意ください。

④相見積もりをとる

古い窓枠のリフォーム費用は、リフォーム業者により異なることがあるため、相見積もりを取って比較することをおすすめします。また、トータルの費用を比較するため、リフォームしたい窓枠を実際に確認してもらい、追加の工事費用が含まれた見積もりを取るようにしましょう。

古い窓枠のリフォーム費用が不足する時はローンも検討

窓枠と一緒に、窓・サッシの交換や壁や床までリフォームしたくなり、予想以上に費用が高額になることも少なくありません。資金が不足している場合は、ローンの利用もご検討ください。リフォーム会社と提携している信販会社のローンを利用する場合、申し込みしやすい反面、金利は高めの傾向に。そのため、費用を抑えたい場合は、金利が低めの「銀行のリフォームローン」も合わせて検討することをおすすめします。

古い窓枠のリフォーム費用に使えるローンはクラウドローンがおすすめ

古い窓枠のリフォーム費用の手持ちの資金が足りない場合、ベストなローンを探すなら「クラウドローン」がおすすめです。銀行から複数のローンプランを比較しながら選ぶことができます。

クラウドローンは、お金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐ「日本初の金融プラットフォーム」。希望の借り入れ条件を登録すれば、融資したい金融機関を見つけ出し、直接金融機関からプランの提案を受けられます。

事前審査もまとめて受けられ、適用金利で比較できるため、お得なローンをスムーズに選べます。見積書なしで事前審査を申し込むこともでき、リフォームローンに限らずフリーローンなども、探すことが可能です。

古い窓枠のリフォームは費用の安さだけではなく腕の良い業者を選ぼう

古い窓枠のリフォームは、費用の安さだけでなく、腕の良いリフォーム業者を選ぶことが大切です。費用優先で業者を選んでしまい、納得した仕上がりにならず後悔することも少なくありません。そうならないためにも、見積もりやリフォームする際の注意点を把握したうえで、比較検討してください。万が一、腕の良い業者が見つかったけれど手持ちの資金が不足する場合は、クラウドローンのご利用をおすすめします。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年06月03日
空き家・リフォーム
ユニットバスのリフォーム費用は?工事のタイミングや使える補助金について解説!
浴室のリフォームはまとまった金額がかかり、大がかりな工事が必要になるため、先延ばしにしているひとも多いのではないでしょうか。しかし、浴室を耐用年数を超えて使っていると経年劣化などによって急なトラブルが発生し、浴室が使えなくなってしまうことがあります。トラブルの状況によっては、入れるようになるまで何日...
2024年05月30日
空き家・リフォーム
【2024年版】リフォームローンで住宅ローン控除を受けるための要件や必要書類を徹底解説
住宅ローン控除の対象になるのはマイホームの購入だけではありません。要件を満たせば、リフォームでも控除を受けられます。この記事では、リフォームで住宅ローン控除を受けるための要件や方法、必要書類を詳しく解説します。また、リフォームで使える住宅ローン控除以外の減税制度や、リフォームローン探しにおすすめの方...
2024年05月27日
空き家・リフォーム
【2024年版】リフォームローンはお得?控除や減税もある?金利や審査の流れを解説します
所有している戸建てやマンションに対して大規模なリフォームをすると、その金額は高額になります。リフォーム費用を一括で支払うのが厳しいと感じたら、リフォームローンの借り入れを検討してみてはいかがでしょうか。リフォームローンには減税や補助金といった優遇措置もあります。無担保で組むこともできるので、リフォー...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる